そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

旅行・地域

歳末

腰が痛い

午前9時半より、須屋公民館で、「図書館におけるビジネス支援サービス」についての研修会に参加。思えば(手帳をめくってみれば)、今年の2月1日のこと。くまもとパレアで開かれた竹内利明先生の研修を受講した。それが縁というものでした。ここまで来るのに…

文化の日

11月3日、文化の日。またレコードの日でもあるそうだ。そして、1954年の今日、映画『ゴジラ』が封切られた日でもあるという。さて、午前10時から、大津町生涯学習センター大会議室で、大津町議会の「町民と議員の意見交換会」に参加、傍聴してきました。議長…

中津更生保護サポートセンター

10月26日 月曜日大分県中津市の更生保護サポートセンター視察研修。菊池地区保護司会合志分会で行きました。中津保護司会の保護司総数 58名。 担当地域は中津市だけである。菊池地域との大きな違いである。市庁舎分室に老人クラブ連合会や連合PTAなどと入る…

中津少年学院と富貴寺

中津少年学院は、九州・四国・中国の各家庭裁判所から保護処分として送致された、知的、情緒障がいのある少年に対して、社会不適応の原因を除去し、健全な育成を図ることを目的として矯正教育(支援教育課程)を行う施設です。(資料から)定員は89名だが、…

小規模多機能自治

2月18日付熊日に、小学校区程度を単位とした住民組織で地域づくりを進める『小規模多機能自治』の拡大を目指す地方自治体などの連絡会議」が設立総会を開催したという記事があった。熊本県からは、熊本、八代、荒尾の3市が参加。「この取り組みは、個別に活…

荒川区民総幸福度(GAH)の取り組み

何が、合志市と違うのかと言えば、ほとんどの条件が違う。何を取り入れるのかというと、区政を市政と読み替えて、「市政は市民を幸せにするシステムである」というところか。ドメイン(事業領域)というのはビジネス用語だが、目的を達成するために、どの分…

逗子市住民自治協議会について

昨日の続きで、視察研修報告書。感想又は意見を書くことになっていて、これは毎回書いた後で気づくのだが、内容をまとめる必要はないのである。2.地域自治の取り組みについて 神奈川県逗子市役所 逗子市で新しい自治の仕組みとして、住民自治協議会を設置…

町田市

町田市の稲荷大明神。午後からの町田市役所での所管事務調査を前に、駅の近くを歩きました。マイルドヤンキーというカテゴリーの本拠地、と言う人もいるらしい。

熊本旅行記4泊5日

雑誌CREA 9月号に村上春樹の熊本旅行記が掲載されている。 文章は、あまりこなれていない感じがするが、その分、ナマモノ感があって良い。検索したら、ヨドバシカメラに電子版というのがあった。ただ、大判でやたら重たい女性誌ならではの触感も良い。橙書店…

防災訓練

1月9日の熊日夕刊に、鹿児島市の桜島で、火砕流を伴う大規模噴火を想定した防災訓練が実施されたという記事があった。住民らをフェリーに乗せて島外へ避難させる手順を確認するなどの訓練があったようだ。この8月15日には噴火警戒レベルが、4に引き上げられ…

旅先で気づく

長野から帰ってきました。めったに旅行しないので、旅慣れしてません。写真を撮っても、いまいちピントがずれているような(オートフォーカスなので、比喩ですが)。名古屋から長野まで、ワイドビューしなのという特急に乗りました。名古屋付近の屋根瓦は、…

まちとしょテラソ

長い一日

午前8時合志庁舎集合で、いよいよ明後日7月1日から始まる社会を明るくする運動のための、幟を立てる作業を保護司会合志分区のメンバーで行った。その後、それぞれの校区に分かれて、学校訪問。私たちは、合志中学校と合志南小学校へ。作文コンテストの依頼が…

薬物乱用防止指導員協議会

菊池地区薬物乱用防止指導員協議会会議が、菊池市にある県北広域本部の会議室で行われた。年に一度の総会である。保護司会、薬剤師会、ライオンズクラブなどによる団体で、年間予算が約14万円、ほとんどが県の助成金のボランティアだ。推薦があって、本年度…

一粒万倍

昨年の11月15日の熊日に、谷川俊太郎さんの作品めぐる映画として、ドキュメンタリー『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』(杉本信昭監督)についての記事があった。その中で谷川さんは「どんなものにも存在しているだけで、そこに詩がある。発見できる…

うまかなよかなスタジアム

われは麦の子

「われは海の子」という歌がある。最近の子どもたちは歌わないかもしれないが、われわれの世代を挟んで、その前後の世代の方は、多分懐かしく思い出されるだろう。海から遠く離れて育っても、何となく、海の子のイメージが共有できるのは、何と言っても島国…

熊本駅白川口(東口)駅前広場

くまもと経済3月号に、熊本市の課題ということで熊本駅周辺整備にかかる東口広場の整備についても書かれていた。【本文引用】大西市長は「いずれにしても駅ビルの内容次第では広場のレイアウトも変わってくる。場合によっては市民の声も聞いて市電の屋根も含…

農業で輝く!!

東海大学第51回公開セミナー「Let's 不思議!」に参加した。この何にでも「Let's」を付けたがるセンスは、どうかと思うが、入場無料で貴重な話を聞くことができるこういう機会は大歓迎である。タイトルが「農業で輝く!! 熊本から未来の農業を考える」で、基…

リアル!ブルーサークルメニュー

くまもと食・農ネットワークというのがあり、きっかけは忘れたが、メール会員になっている。今日、熊本テルサで、「2015 春 地産地消のつどい~食と医療について学ぶ~」という催しが開かれた。第1部はくまもと地産地消セミナーとして、熊本大医学部付属病院…

愛知県東浦町

「合志市議会議員報酬 口コミ」というワードで検索されていたので、逆引きしてみると、このページ→リンク が出てきた。愛知県東浦町の神谷あきひこさんという町議のブログである。浅学なので、東浦町とはどういう町なのだろうと思って、リンク先をたどると→…

国際土壌年

合志市泉ヶ丘市民センター図書館で、日経を読む。ヴィーブルの図書館にも行ったのだが、バスの時間があったので、泉ヶ丘で降りて、ちょこっと寄ったのだ。泉ヶ丘に引っ越して20数年になるが、恵まれた環境にあることをしみじみ感じる。村上春樹が昔よく書い…

熊本城とホテルキヤッスルと長崎書店の望楼

高知県佐川町

全国には、約1800の市区町村がある。日本中、一度はすべての自治体を踏査してみたいと思うのは、探検家誰しも思うことだろう。探検家は、何も秘境ばかりを求めるものではないのだ。少なくとも命に危険が及ばないので、途中で亡くなったり、行方不明になるこ…

熊本近代文学館の機能を明日へつなぐ

今日は久しぶりに熊本県庁へ。第6回熊本県立図書館・熊本近代文学館の機能拡充検討会議を傍聴に行った。県立図書館の改修に併せて、熊本近代文学館の機能を県立図書館に吸収させてしまうような話が突然降って湧き、、それはいかんという反対意見が出てきたと…

おおづ地蔵まつり

元大津小学校のくすのきの下から、 オークスステージを。 あれから、50年。 子どもたちは、ヒップホップ。

泗水社

世界遺産登録なった富岡製糸場が有名だが、菊池市泗水町にもその昔、泗水社という製糸工場があった。そこはのちに、孔子温泉という大衆浴場になり、現在は老人施設になっている。いまは、かような煉瓦造りの煙突を残すのみで、解説文があったと思われる表示…

観光とは

2006(平成18)年のメモ帳に書きつけていた。「観光とは退屈な人生に劇場を作り出すことだ。これまでの実人生で、脇役や通行人に過ぎなかった人々は、離れた土地でもてなされながら、主役を演じる」検索したが、ヒットしなかったが、なかなか的を射た文章で…

鹿北弁ルポ

山鹿市鹿北総合支所職員の北原チヅさんを知っている人は、そう多くはないだろう。今年の冬、熊日夕刊の「きょうの発言」に連載があったので、読んだ方もいるかもしれない。彼女は合併前の旧鹿北町で広報誌担当として、確か町の広報誌をコンクールの最優秀賞…

オー・マイ・ホームタウン

3月17日 月曜日大津町議会の傍聴に行く。ちょうど、佐藤真二議員の登壇前だったので、金田英樹議員と併せて、二人の一般質問を聞くことができた。議員席と傍聴席が近いので、最初ちょっと緊張してしまったが、すぐに慣れた。質問のやり方も、合志市とは少し…

球磨川河川敷

14日火曜日、人吉からの帰り道、国道219号線を下った。球磨川の河川敷。重機やダンプがミニカー並みに小さくて、人間が自然に対してやることなんか、ひっかき傷にもならないぐらいなのではないかと思った。それでも、私たちは生きていくために、自然をセーブ…

うつろわない人影を求めて

12月19日の熊日朝刊の連載記事、「うつろう人影」で、合志、菊陽、大津の3市町が今後も人口増加が見込まれるエリアとして取り上げられている。ただ3市町とも、その増加理由は「転入」としている。記事を引用すると、「『転入』による発展モデルは、いつか壁…

ないものはない。

熊本大学政策創造研究教育センターの第3回地域づくり交流会に参加した。テーマは、地域のチカラで未来をつくる―自立と自律。 熊本大学工学部百周年記念館前のイチョウの木。つい最近、海士町のことをどこかで読んだので、合志市とは環境的に共通点はないが、…

住宅団地の再生策

今朝の熊日に「住宅団地の再生策 検討」の記事。 熊本市と近隣13市町でつくる「熊本都市圏協議会」 (会長・幸山政史熊本市長)は7日、 入居者の高齢化が進み、 今後、空き家の増加が予想される住宅団地の再生策を 本年度から2年かけて検討することを決めた…

仕事始めの巻

今日から仕事を始めます。いや、始めました。議員の本分は議会に出席することです。議会には定例会、臨時会がありますが、通年議会でない限り、一般的に年4回の定例会が基本的な業務の場であります。もちろん、そのほかの日常業務があってこそ、議会において…

地域ドラマ

高校生が部活で頑張って大会で優勝するという映画やドラマは星(スター)の数ほどある。だから、またかと思ってみる気もしないのだが、ついつい見てしまったのが、これ→リンク 福岡発地域ドラマ「スイーツ!嗚呼、甘き青春よ」である。高校の製菓コースの多少落…

美祢社会復帰促進センター

昨日、山口県美祢市にある美祢社会復帰促進センターに菊池地区保護司会合志分会の研修に伺った。もともと美祢市が企業誘致のために工業団地を造成したのだったが、一カ所も売れずにいたところにわが国初のPFI手法を活用した官民協働の刑務所として2007年4…

「まちづくりとは」とは

熊日夕刊「きょうの発言」に熊本大学政策創造研究教育センター准教授の田中尚人さんの連載があった。かなり前、6月19日の記事だが、そこにこう書いてある。「まちづくり」というと、イベントやお祭り、あるいは限られた人だけが関係する観光振興など何か特別…

地熱発電への地道な歩み

これは、大観峰で見上げた夏空。だったと思う。合同会社わいた会による地熱発電の取り組みを学習するために一起会で小国町へ。はげの湯温泉やすらぎの宿まつや→リンク にて。窓から、早朝の湯けむり。こりゃ、利用しないともったいないと誰だって思うでしょ…

住んで楽しい街~観光の出発点

5月26日の熊日「インタビュー百人百話」に仏観光開発機構在日代表フレデリック・メイエールさんのお話が載っている。フランスが観光大国になったのは、文化遺産や名所など全国に見どころがあるからだという。日本にだって、歴史は負けてないから文化遺産や名所旧…

世界農業遺産(GIAHS・ジアス)

4月30日の熊日に「熊日創立70周年記念懸賞論文・「熊本グランドデザイン」の筆者インタビューとして、宮本健真さん(36)が登場していた。優秀賞「100年後の未来へ繫ぐ『食の大地・熊本』構想」である。見出しを借りてまとめると「農業発展させ、世界の食糧…

保活

NHKの朝の情報番組「あさイチ」で、アリバイ屋の存在についてレポートしていた。休眠会社などを用いて、いろいろな事情があって、本職を名乗れなかったり、架空の就業状況を作りあげる商売だ。その中で、保育園に入園するために、アリバイ屋を使うという…

保護司研修

菊池地区保護司会合志分会の研修で、雲仙市、諫早市、島原市に行った。10月24日 月曜日雲仙市にある南高愛隣会「雲仙・虹」を訪問。社会福祉法人としての経験の蓄積を活用して、障がいのある人や高齢者にとって支えとなり、社会復帰のお手伝いをする更生保護…

宮沢賢治

昨日に引き続き、小鹿野町。役場の前に宮沢賢治の歌碑。宮沢賢治は地質調査に来ていた。石灰岩に興味があったのかと思ったら、盛岡高等農林学校の生徒職員25人の一人だったようだ。そのことを示す旅館の当主の日記が見つかったのが、この8月だったようで、奇…

地域生活支援センターについて(研修)

9月27日 火曜日菊池地区保護司会定例研修会。菊池市泗水公民館にて。「特別調整と地域生活支援センターについて」 この「定着支援センター」とは刑務所などの矯正施設を 退所した(予定の)高齢者や障がい者に対して、 必要な福祉サービスにつなげるための連…

世界遺産

「てっぱん」をただのお好み焼きドラマだと思って、あるいはNHKがただ単に気に入らんという理由で見ていなかった人。もうこれから見始めても遅いので、あなたの人生に運がなかったのだと、思ってください。今回、そういうことを書くのが目的ではありませ…

戦場カメラマン

渡部陽一さん(38)を初めてテレビで見たとき、漫画家の馬場のぼるさんを思い出した。悪い人には見えないけれど、新しいジャンルのお笑いの人だと思った。肩書きの戦場カメラマンというのに胡散臭さを感じた人は、失礼ながら多いのではないだろうか。あの独…

都市コミュニティの再生

「学際的課題解決をめざして」と副題にある。昨日のエントリーで触れたように、熊本大学のセミナーで入場無料。まず、合志市では地域公共交通会議に学識経験者ということで参加いただいている自然科学研究科教授 溝上章志氏。「QoLによる地域公共交通のサ…

新任保護司

熊本第二合同庁舎で、新任保護司研修会。11月20日付で、法務大臣により保護司の職を委嘱された。ひょっとしたら、柳田稔氏の大臣としての最後の仕事になったのかも。柳田元法相の例の発言は、とんだ失言だと大方ではされているが、厳密に法に則って答弁…