そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

日記・コラム・つぶやき

熊本地震

昨夜の地震は、「平性28年熊本地震」と命名された。名前を与えることは、検証と将来への備えにつながる。発生当時は、落ち着いているようでいて、かなり感情が昂ぶっていたと、冷静になるとわかる。動物は非常時にアドレナリンの作用でそうなるらしい。大き…

海士町

3月23日(水) 熊本大学政策創造研究教育センター第5回地域づくり交流会「地域の未来を担う教育の場づくり」 島根県海士町で、地元高校の島前高校の魅力化を通じて、まちづくりそのものに成功した事例発表。と、今回はそれを少し掘り下げた話。「地域づくり…

中村文則インタビュー(部分的)

しんぶん赤旗日曜版は、数10年前、手塚治虫さんが「僕も購読しています」という広告を見て、ずっと興味がある媒体だったのだが、長年刷り込まれた印象というものは簡単に拭えず、自分から申し込むことはできなかったのだが、議員になったときに、以前から懇…

こんな日もあるよね

人生こんな日もあるよね、という1日だった。熊本県知事選の期間中だが、今日、幸山政史候補の選挙カーの合志市での先導を務めた。あまりうまく練れていないコースだったかもしれない。不手際もあった。もう少しできることはあったはずだと思う。選挙って、次…

コラムシフト

デジタル・アーカイブというか、例えばデジタルで文書や資料などを残すときの利点は、とにかく場所を取らない、検索が容易、コピーが簡単。と、わりと下世話なところが思い浮かぶ。しかし、これを数十年あるいは100年単位での保存と考えると、デジタルにおけ…

りんどうポーク

JA熊本経済連が推奨しているりんどうポーク。どれぐらい美味しいかは表現がむずかしいが、簡単に書くと、柔らかくてジューシーな豚肉で、料理法を問わない。日頃、愛用(愛食?)しているわが家だが、そういう贔屓のかいあって、ある懸賞で、1kg以上あるブ…

テレビタ特派員

年に一度の総会。 熊本県民テレビの情報ワイド「テレビタミン」、放送開始20年。思えば、今はなき熊本交通センターホテルで開かれた総会がことの始まりだった。20年はかなり長い。本橋馨さんも村上美香ちゃんも、私たちと同様に20年歳を経たのである。同じキ…

闇夜の国から

ココログでは、よくあることなんですが、書いた記事を保存しようとクリックしたら、エラー表示が出たが最後、インターネットの闇に吸い込まれてしまった。それで、0時を回ってしまったのだが、同じ内容の文章を書く気力もないので、珍しく愚痴をこぼして了と…

日曜の夜

本日は、天気が良くて暖かな一日だったにもかかわらず、更生保護だよりの研修報告の原稿を書き、あと依頼した原稿をワード文書に移し替えつつ、編集作業だった。で、延ばしのばししていた一般質問の最終まとめに入るが、イマイチだ。ブログの記事を書いてい…

買い物以外に重要なことは何一つない

2月17日付の社会新報に、第65次教育研究集会岩手における白井聡さんの講演の要約があった。 「今日の教育に現代社会は何を期待しているのか。本当は子どもたちに賢くなってもらいたいと思っていない」 「教育、知性からの逃避をもたらしているのは消費主義」…

10

やっとというか、ついにというか、Windows10にアップデイト。日本語入力ができなくて、やたら時間を食った。で、疲れましたので、今日はこれで終わり。

中食

1月29日付日本農業新聞に中央大学商学部教授の木立真直さんが「多様な業態参入する中食産業」について書いていた。「中食は外食と共通点も多いが、決定的な違いは外食がサービス提供を基本とするのに対し、中食は簡便性の提供に主眼を置く点にある」外食はHM…

外はいい天気

風の便り配り、ほぼ終了。天気が続いてくれたおかげです。若い世代の多い住宅地を回っていると、政治の重要性を分かってほしい、生活に直接関わっていることを知ってもらうにはどうすればいいのかと思う。本当は、こちらから話しかけて、いろいろな話をすべ…

簡易雨合羽

Flat café 自然災害と付き合うために、「今」私たちが考えるべきこと で習った、ごみ袋で作る簡易雨合羽。 なんか、ダースベーダ―的。容量は70ℓ。

熊本の心

1月31日(日)は、午後から熊本テルサで、出久根達郎さんの講演会があったので、それにも参加した。熊本の心県民大会という聞き覚えのあるイベントの一環で、ちょうど熊本近代文学館が「くまもと文学・歴史館」としてリニューアルというかリボーンしたことの…

突然、ベルリンの壁

今年に入って2度目の臨時会。新市建設計画の変更の承認など。ところで、先日亡くなったデイヴィッド・ボウイーは、ベルリン・ハンザ・スタジオ by the Wall でレコーディングして、ベルリンの壁に耳目を集めるという功績を遺した。ところで、そのベルリンの…

きょうされん

1月17日(日)きょうされん第39回全国大会 in くまもと プレ大会熊本学園大学正門前にガードマンが立っていた。日曜日なのに、と思ったら、センター試験の表示が見えた。やばいかなと思ったが遅い、県立駐車場は満車の表示。曲がってはみたものの、やはり無…

きょうの出来事から

午前中、合志市地域公共交通協議会(第36回)を傍聴。議題は、地域公共交通確保維持改善事業に関する事業評価について、と、地域公共交通網形成計画(案)について。基本的な方向性は妥当だと考えるし、それなりに実績も残している。ただ、一市民として(多…

マイナンバーは1人1戸籍をめざす

今日の熊日夕刊に法政大総長 田中優子さんの「現論」見出しは「伝統ではない夫婦同姓」「戸籍制度撤廃も議論を」だ。痛快なのは、「安倍政権の掲げる「1億総活躍社会」が戦時中の国民総動員体制と違うというのなら、「1億『個』活躍社会」を目指さなければな…

年越し

年越しとともに前年のことを忘れてしまう日本人の国民性がいかん(大意)というつぶやきがツイッターにあった。そういえばそうかなと思ったのだが、いやいくらなんでも、何でもかんでも忘れてしまうわけではない。除夜の鐘も、何でも捨て去ることを奨励して…

それが土

全国農業新聞2016年1月1日号が届いた。山形県長井市の稲作・自然養鶏農家の菅野芳秀さんが、一粒万倍というコラムに書いている。「壮大ないのちの循環の場 それが土」 「土は今まで生きてきたものたちの遺体の集合体。地上に最初すみついた植物はコケのよう…

アートポリスのおもいで

ココログの自分のブログ内検索も以前はわりときちんとワードでヒットしていたのだが、もうずいぶん前から、まったく引っかからなくなって、まるで使えない。だから、自分の書いた文章ながら、過去記事を参照しようにも、自分の脳内検索に掛けるしかない。困…

なんさま年の瀬

なにげに、いや何気なくこの晴れ永遠のバックナンバーをそれとなく読んでみたら、何と恐れなき表現の数々。まったく、人さまから見れば、何様のつもり的な発言ばかり。基本方針が、「過去の過ちは包み隠さない」なので、そのままにしているが、それを集めて…

つぶやき

定例会が閉会した。議会が閉じると、ほんとに身も心も軽くなる。この開放感は、他では得られないものである。実はいろいろ積み残しはあるのだが、ひとまず、これで一区切りという、その感じはいいものだ。通年議会においてはこの感覚が味わえないのだろうか…

追悼・杉本章子さん

以前書いたことがあるが、NHKラジオ第一の「新日曜名作座」。先月から6回シリーズで「「起き姫~口入れ屋のおんな」を放送していた。→リンク出演は西田敏行、竹下景子の二人。声だけの演技が実に艶っぽく、豊かな芸である。原作が杉本章子さんだということは…

町民と議会の語る会 in 菊陽町

おとなり菊陽町の「町民と議会の語る会」に参加。今夜、光の森町民センター キャロッピアにて。もう一つの班は中央公民館で、同時開催。本日が第2回。第1回目は、7月に行われていて、そのときの質問や意見に丁寧に答えるところから始まった。半分は、もうす…

長い一日

長い一日だった。午前6時前に地震警報で起こされ、一瞬緊張したが、わずかな揺れだったので、ラジオ体操に出かけるものの、地震情報でラジオ体操は中止だったので、メロディーを口ずさみながら、いつものように挙行。テンポのキープができず、走ってしまった…

非常食

先日の総合防災訓練で、賞味期限切れ寸前の非常食をもらった。で、試してみました。入っていた袋に、発熱剤と発熱溶液をいれるだけ。お米は、魚沼産コシヒカリ。おいしかったです。

島田美術館

島田美術館に、「解脱したシャツ~鈴鹿芳康の沸点×大畑晶子の視点」を見に行った。鈴鹿さん、大畑さんご両人にもお会いすることができた。ちょうど来場していた林浩さんとはビートルズの話などで盛り上がる。同時開催の山本幸一さんのインスタレーション「掌…

顕彰式

熊本県更生保護事業功労者顕彰式で、熊本保護観察所長表彰を受けた。名誉なことである。副賞として、ボールペンとシャープペンシルを頂いた。しかしそれ以上に、第65回“社会を明るくする運動”作文コンテスト熊本保護観察所長表彰を合志市の小学生と中学生が…

文化の日

11月3日、文化の日。またレコードの日でもあるそうだ。そして、1954年の今日、映画『ゴジラ』が封切られた日でもあるという。さて、午前10時から、大津町生涯学習センター大会議室で、大津町議会の「町民と議員の意見交換会」に参加、傍聴してきました。議長…

菊池恵楓園文化祭

写真や油絵や手工芸や生け花、書など。今年亡くなられた大山清長さんの油絵は、記憶を留めておきたいという情動があったのか、それとももっと素朴に、描くという楽しさがあったのだろうか。プリミティブな絵柄に、何かしら心を引っ掻かれる。ハンセン病に特…

詩画詩稿展

熊本県詩人会の詩画詩稿展の作品搬入。出水ふれあい通りのカフェレストラン「みなみのかぜ」。 この詩を書いたのは、40年以上前のこと。あまりに昔で覚えていない。一部を取り出して。

老いを見つめて

10月25日 日曜日熊本市九品寺の法泉寺で、なかお画廊3周年企画として、山田太一×木下晋特別対談「老いを見つめて」があった。うわ、もう1週間近く前になる。木下さんは、鉛筆で細密画とも言うべき人物画を主に書いている。誰もやっていないことをやらないと…

中津更生保護サポートセンター

10月26日 月曜日大分県中津市の更生保護サポートセンター視察研修。菊池地区保護司会合志分会で行きました。中津保護司会の保護司総数 58名。 担当地域は中津市だけである。菊池地域との大きな違いである。市庁舎分室に老人クラブ連合会や連合PTAなどと入る…

中津少年学院と富貴寺

中津少年学院は、九州・四国・中国の各家庭裁判所から保護処分として送致された、知的、情緒障がいのある少年に対して、社会不適応の原因を除去し、健全な育成を図ることを目的として矯正教育(支援教育課程)を行う施設です。(資料から)定員は89名だが、…

語り継ぐもの

10月17日 土曜日午前中は、熊本県立劇場で第一学園の「しせい教育 実践報告会」へ。子どもたちに「きちんと」手を洗いましょうとか「ちゃんと」座りましょうとか言っても、そこに具体的な指示とその理由が伴わないと子どもはどうやっていいかわからない。そ…

切り抜き全国農業新聞

今日も9月11日付全国農業新聞から。東京大教授の鈴木宣弘さんが環太平洋連携協定について書いている。いちばん驚いたのは「なぜ、ここまでTPPがもめるのかを冷静に考えたら、TPPが筋の悪い協定なのではないか、TPPには無理があるのではないか、という疑問に…

締め切り

総務常任員会の所管事務調査。今年は東京都市圏。研修項目についての予定質問を今日までに挙げておかなければいけなかったのだが、本日やっと議会事務局にメール送信。午後は、今年の社会を明るくする運動を締める、作文募集作品の選考会。合志市内の小中学…

同窓会

母校大津高校の鷹揚同窓会。地場なので、先輩には大津町や菊陽町の議員もいる。後藤菊陽町長、家入大津町長、秋吉元合志町長も。話題を差しさわりなくかわすのも気を使う。

後日談

スマートフォンの後日談。やっぱり、またカメラが起動しなくなりました。コールセンターに電話するのも億劫だが、しょうがないので掛けたら、それはauショップで修理に出してくれと、実にマニュアルライクな返答がありました。ま、そりゃそうだ。というわ…

なんでもサポート

先月から、スマートフォンのバッテリーの劣化がひどくて、購入15カ月ぐらいでそうなるのかなと、1日1回充電から、2回充電という不便に耐えていたが、バッテリー交換っていくらぐらいかかるのかとauショップに聞きに行ったら、安心サポートに入っているので…

まれ歌詞募集

NHK朝の連続テレビ小説「まれ」の主題歌2番の歌詞募集があり、私も応募した。以下。 咲かせよう いつか 君の夢 願いは そこで叶うはず 交差点に立って どちらを選ぶか迷ったときには 風が強く背中を押して 教えてくれる 進むべき道のことを 両手 大空へ広げ …

まちづくりSIM

東熊本青年会議所の2015年度事業で、まちづくりシミュレーションゲームが開催された。フェイスブックで見かけて参加したが、何となく場違いな雰囲気だったが、ゲームに入れば、 そんなことは関係なくなった。架空のまちOZ町の財政を、5年ごとに事業を見直…

菊池養生園

昨日、菊池養生園に健康診断に行った。ラジオ体操をもう1年半ほど続けているので、その成果が数値に表れているか関心を持っていたが、それほど数値が悪かったわけではないので、明らかな変化はなかった。多少良くなったものもあれば、悪くなったものもある。…

新日本名作座

NHKラジオ第一、日曜午後7時20分から、毎週、新日本名作座という連続ラジオドラマが放送されている。出演は、西田敏行と竹下景子の二人。二人は声だけで、何役も演じ分ける。今夜は、佐々木譲原作「帰らざる荒野」第4回目だった。このお話自体が面白いのだが…

「マナー」ではなくルール

6月28日付の毎日新聞の企画特集に自転車活用推進研究会の小林成基理事長のインタビューがあった。引用すると、――自転車事故減少のために私たちが考えなくてはならないのはどんなことでしょうか。小林理事長 よく「自転車に乗る人はマナーを守って」と言いま…

名誉回復及び追悼の日

NHKのニュースで知ったのだが、 今日は「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」だった。以下、厚生労働省のサイトからコピペ。平成21年度から、ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律の施行日である6月22日を「らい予…

まちの目次、地域の索引

@kuntakinya 「まちの目次」は、地域を歩きながらそこここにある物語の目次(ちなみに、ストリート、ストーリー、ストリームともに流れを表してます)。「まちの目次」はひとつの流れを持って出会うもの。「地域の索引」は本の索引のように、地域資源や地域…

バスだけではないコミュニティ

昨日、午前中は、地域公共交通協議会を傍聴。ついに、今年の10月から、料金が値上げされる予定の合志市のコミュニティバス。自治体からの運行経費の負担に係る収支率がどこでも問題になる。しかし、各便が満員になると仮定すれば、運賃収入の最大値は簡単に…