そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

映画・テレビ

民衆の敵

フジテレビ系の月9ドラマ「民衆の敵」の視聴率が悪いと評判であるが、それほど悪くはないと思う。オリジナル脚本を書いた黒沢久子さんは、映画『キャタピラー』の脚本も書いている。いろいろ注文をつけられたことだろうとは思う。篠原涼子では数字は取れない…

合志義塾~カタルパの樹がつなぐ明日~

www.tku.co.jpすぐにリンク切れしそうだが。本日テレビ熊本で放送されました。地元ならではの愛着があるので、いいドラマだったという感想を持ってしまうが、特に縁のない視聴者にとって、明治時代に地方で教育に尽力した若者たちの話は、それほど興味を引く…

竹野内豊

竹野内豊は昔イケメンとしてよくトレンディドラマに出ていた。その印象があり、言葉の歯切れはよくないし、演技にも幅がないような、つぶしの利かない役者だと思っていたのだが、最近それが間違いであるのではないか、そう思うようになった。今夜はNHK総合の…

カズオ・イシグロ

昨日から、カズオ・イシグロのニュースが続いた。昨夜のTBS系「NEWS23」は、『わたしを離さないで』をテレビドラマ化していたという僥倖に恵まれたというか、他社よりより親密感を協調。これはどういうことかというと、たかが(失礼)テレビドラマとはいえ、…

ワールド・ジュラシック

勉強しようと思っていたのに、テレビでやっていた『ジュラシック・ワールド』を最後まで見てしまった。しまった。何百人かが死ぬ映画だ。恐竜に食われるのに、感傷など必要ないという進化論的アプローチ。遺伝子操作を企てるということすら、今のところ究極…

テレビドラマ

21時から「黒革の手帳」、22時から「セシルのもくろみ」見てしまった。

3日間

金曜日の夜は、NHK総合でドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」を見る。多部未華子よりも片瀬那奈が断然いい。続けて「ドキュメント72hours」72時間って何日だ。いつも心が洗われる。

火花

Netflixが制作したドラマ「火花」をNHKで放送していた。たまたま第1回を見てしまい、その世界に惹き込まれたので、録画していて(あの時間帯は絶対途中で寝てしまう)、少しずつ消化していたのだが、第8回が抜けていた。見ていて辛くなるドラマはなるべく見…

大型連休

4月最後の日曜日。で黄金週間。NHKでは「ゴールデンウィーク」は使えないらしい。庭の草取りなどをやった後、録りためたテレビドラマを消化。「リバース」なんか3本も見てしまった。「4号警備」と「火花」と「スーパーサラリーマン左江内氏」。「左江内氏」…

雨に濡れた慕情

雨の昨日、西合志図書館。「雨に濡れた慕情」って何だっけと思い検索すると、ちあきなおみの歌だった。歌謡曲の歌詞はこうでなくちゃという見本。ときに、朝ドラ「ひよっこ」の主題歌は桑田佳祐。「若い広場」というタイトルは相当あざといと思っていたが、…

ドキュメント72hours

東京 大田区運命の七差路

シン・ゴジラ

昨年の熊本地震被災により、熊本県のシネコンはしばらくほとんど閉鎖されていた。よって、映画『シン・ゴジラ』を見るタイミングを逃し、昨日DVDで鑑賞するまでに、周辺情報(昨年の紅白含む)で何となくイメージが出来上がっていた。昨夜の感想は途中で眠く…

あつい壁

映画『あつい壁』をDVDで見た。中学生のとき見て以来だと思う。覚えているシーンはあったものの、大筋は忘れていた。当時この作品を見てどういうことを感じたのか、それはまったく覚えていない。歴史的な価値がある昭和40年代の風景の映像。映画は昭和28年と…

キャロッピア

菊陽町の光の森町民センター「キャロッピア」で、母校大津高校の美術コース卒業制作展を鑑賞。熊本地震により、いつもの会場である県立美術館分館が使えないということで、ここになったとのこと。リーフレットには「第69回陽美展」と書いてある。いいなあ、…

JAM

somuchcolor.hatenablog.com 去年の紅白歌合戦(と言っても一昨日)にイエローモンキーが出場したことは特に驚きでもなかったが、演奏曲目が「JAM」だということを新聞で見たときは、わが目を疑った。あの「ニュースキャスター」の部分の歌詞をもとのまま歌…

違和感

今朝のあさイチに、映画『君の名は。』のプロデューサー、川村元気さんが出ていた。あの作品のエンドロールのトップに名前が出てきて、この人がいたから、この作品は生まれたのだと思ったそのことを書くのを忘れていた。彼は東宝の社員なのだそうだ。フリー…

Youは何しに

話題のヒット作『君の名は。』を見た。完璧なアニメーション映画だと思った。私は宮﨑駿作品もきちんと見たことがない。子どものときはあれほどあこがれたのに、いまは自分から進んで見ることはない。『君の名は。』はツイッター上で話題になっていたので、…

夫婦同姓というシステム

熊本学園大学の公開講座に参加した。今月全部で4回の予定である。このように数カ所に案内表示があって、迷わず、会場の11号館にたどり着くことができた。何気ないことだが、実に素晴らしい気遣いだ。さて今日は、経済学部リーガルエコノミクス学科の枦山茂樹…

ジャクリーン・ビセット

久しぶりに、ジャクリーン・ビセットのことを思い出した。画像を検索すると、一気にあの頃に戻った。今の目で見ると、若いときはそれほど美形でもなかったのだが、洗練という魔力が備わってくることもある。書きはじめると切りがないので、今夜はここまで。

家売るオンナ・あとがき

テレビドラマ「家売るオンナ」が終わった。最後まで、テンションを落とさず駆け抜けるというのは、たった10回連続でも相当むずかしい。私みたいなドラマ好きでも、7回目ぐらいで飽きてくる。その上、記憶力が悪いので、次のシーズンになると、その前のドラマ…

The Finest Hours

久しぶりにDVDを見た。『ザ・ブリザード』という海難映画。井筒和幸がケナしてなかったので。こういう一直線な映画こそ、映画だなと感心する。タンカーが遭難して、それを沿岸警備隊のメンバーが救助に向かう。実話に基づくと言ったって、助かった話だから映…

家売るオンナ GO!

北川景子は美人だと思うが、好みではない。のだが、いま放送中の「家売るオンナ」は面白い。最初はどうなんでしょうね、という感じだった。やせすぎの仲村トオルの痛々しさだけ目について。しかし、あるとき気がついた。北川景子は楳図かずおの漫画に出てく…

長澤まさみ

大河ドラマ「真田丸」を見るのは、長澤まさみを見るためだ。ネット上では、彼女を酷評する言説もあるようだが、もともと彼女は批判されやすいタイプなので、まったく気にならない。「真田丸」における彼女は、戦国時代の女性たちはかように元気で強かったで…

紛らわしい

最近のテレビドラマは、あっちのドラマ、こっちのドラマと同じ脇役俳優の掛け持ちが多い。同一シーズンにそれはやめてほしい。紛らわしい。昔と比べたら、2本で1本分のギャラしかないのかもしれない。どんなに熱心に見ているこちらも、次の3カ月に入れば、前…

世界一難しい恋

恋に奥手の一流ホテルの偏屈社長が、生まれて初めてかと思われる純情可憐な恋に落ちる話。嵐のリーダー大野智君の真骨頂である。相手役の波瑠をはじめ、脇役がみんな生きているし、脚本の小技も気が利いている。ニヤニヤしながら見ていることだろうと自分で…

ゆとりだつ

日本テレビ系「ゆとりですがなにか」は、日曜の午後10時半という時間帯に、あんまり明るい気持ちで月曜日を迎える気持ちになれない、そういうドラマだ。最初、宮藤官九郎の脚本だと知らなくて、そうだとわかったら、やっぱり「らしいや」と思うと同時に少し…

サラメシ

朝ドラの後に、そのままNHK総合にしてたら、「サラメシ」の再放送が始まった。4月から、放送時間帯が変わったので、久しぶり。何度も書くが、私は自分が食べるものにあまり興味がない。食べられればいいという最低な男である。でも、テレビなどで食べ物が出…

看取りについて

昨日のハンセン病問題講座で、原田学芸員が取り上げた療養所における看取りと野辺送り、葬儀に関わる問題は、核家族と少子高齢化の現在から将来に渡り、、必ずしも療養所内だけのことではないと思える。昨年の5月17日の熊日読書欄に上野千鶴子著『ケアのカリ…

幸せはパリで

昔は、エイプリルフールのことを、直截に四月馬鹿と言ってた。花粉症的な症状と、それを抑える薬物のせいで、深みのある思考がおぼつかない。スギ花粉は落ち着きつつあるらしいが、引き続き、ヒノキ、イネ科や雑草系などが参入してくるとのこと。だから、四…

戦争ぬ止みの夜

ドキュメンタリー映画『戦争ぬ止み』上映会。 合志市総合センター「ヴィーブル」にて。 昼夜合わせて、 約600人ぐらいのお客さんではなかったか。私は2回目だったので、 登場する沖縄の人たちが すでに知り合いみたいな気がしてきた。 これから私たちはどう…