読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

買い物難民を救え!

早く買っておいてよかった。
アマゾンでは、定価よりも高くなっている。

買い物難民を救え!』村上稔著
緑風出版刊

まだ読みかけだが、最後まで読まないかもしれないので、
ここに紹介しておこう。
著者の前職が市議会議員で、県議選に出馬、落選した後、
普通に求職したが、年齢のこともありなかなかうまくいかず、
そういうときに、ある出会いがあり、ソーシャルビジネスとしての
移動スーパーという仕組みに目覚める。

後半はさらに面白くなりそうだ。
アマゾン以外では、定価の在庫があるかもしれないし、
2700円ぐらいだったら、買っても惜しくはない。
借りたい人は私にお申し出ください。

今日は、第1回合志市まち・ひと・しごと創生総合戦略
有識者会議を傍聴に行った。
国のまち・ひと・しごと創生法(平成26年法律第136号)に基づき、
設置されたものである。
2060年に1億人程度の人口を確保するという
国の長期ビジョンがある。
ちょうど『買い物難民救え!』を読んでいたので、
向う5年ぐらいの計画は立てられても、40年、50年先まで、
見通しを持つことも責任を持つことも難しいように思える。

ただ、5年ごとの見直しならできるかもしれない。
国の方針がぶれないかということは別問題だが。