読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

君たちには話そう

『君たちには話そう~かくされた戦争の歴史』
いしいゆり著 くもん出版

1980年代、全国的に平和教育が盛んだったのか。
すれ違ってしまった身としては、残念だ。
いや、その当時の私なら興味を持たなかったと思うが。
神奈川県の高校生が、歴史から消された
秘密の軍事研究所について調べる話。
ちょうど同じころ、長野県の高校生もそのことを調べていた。
なんという偶然。しかし、歴史的な必然があったのかもしれない。
そういう時代だったのだ。
そのとき見出されなかったら、永遠に失われていたかもしれない
当事者の証言を高校生が引き出した。

「これはお国のためだ、自分の家族を守るためだと
自分に言い聞かせ続けた。そして・・・・・」

半田さんはちょっと口ごもると、こう言いました。
「それがいつの間にか、いやでなくなってくるんだ」

図書館で読みました。