読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

わたしを忘れないで

昨日まで、議会広報調査特別委員会の所管事務調査で
関西方面の3市を訪れていた。

さて、1月27日付の朝日新聞の「耕論」は「図書館の原点」がテーマ。
その中で、図書館コンサルタントの鎌倉幸子さんの文章が心に残った。
彼女は、東日本大震災後のボランティア活動中に、
ある出来事から、大きな発見をする。

「ああ、人間って、極限状況に追い込まれたとき、
自らが生まれ育った土地、過去の記憶を
振り返るものなんだなあって思いました。
自分はどこから来て、どこに行くのか、と考える。
自らのアイデンティティーを保とうとする」と鎌倉さんは書く。

そんなときに助けとなるのが図書館である。
その土地の記憶、知恵や経験を保存し、
世代を超えて伝えてくれる誰にでも開かれた場所。
人は忘れても図書館は忘れない。
人々の「第2の脳」であると続く。

おお、なんと力強く深い言葉だろう。
人は忘れても図書館は忘れない。
人々の「第2の脳」!

テレビドラマ「わたしを離さないで」を見ていると、
彼ら彼女らと、私たちにはそれほど大きな違いはないのではないかと
それに気づかされる。それがテーマなのだろう。
違うようで似ていて、でもやっぱり違う。

「わたしを忘れないで」
遺伝子に書き込まれた記憶が、
そこでたびたび呼び覚まされる。