読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

芸術新潮の江口寿史

芸術新潮2016年1月号は、江口寿史特集で、
ヴィーブル図書館で見かけたとき、バックナンバーになって
貸出可になってから借りようと思っていたのだが、
いざ借りてきて他のページも見ると、
第2特集がボッティチェリではないか。
わ、買っておけばよかった。

大友克洋江口寿史の対談がすごく面白くて、
これだけでも買う価値があったのだが・・・

大友「オレと江口寿史が違うのはね、
 おまえは女を描くということ。
 オレは江口寿史がいるから、女は描かないの。
 同じことをしなくてもいいと思ってる。
 おまえ、女が好きなんだろう?」
江口「オレは女に生まれたかったくらい、好きなんですよ」

(中略)

江口「女の人って、すごくいいものですよ。
 もう絶対的にかなわないもの」
大友「自分にないものってこと?」
江口「そうそう。キラキラした最強の存在。
 自分にはなれないから、絵でそこに迫りたい。
 それがオレの原動力です」

江口寿史のこの気持、よくわかる。
本当によくわかる。
というか、この続きも全部引用したいぐらいだが、
あとは図書館ででも読んでくれ給え。


Photo