読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

幸せはパリで


昔は、エイプリルフールのことを、
直截に四月馬鹿と言ってた。
花粉症的な症状と、それを抑える薬物のせいで、
深みのある思考がおぼつかない。
スギ花粉は落ち着きつつあるらしいが、
引き続き、ヒノキ、イネ科や雑草系などが参入してくるとのこと。
だから、四月馬鹿なのかもしれない。

この映画が公開されたとき、
ジャック・レモン44歳、カトリーヌ・ドヌーヴ26歳!


CBSソニーから出ていたサントラ盤には、
ディオンヌ・ワーウィックの歌は入っていない。
契約の関係か、パーシー・フェイス・オーケストラの
甘ったるいカバーでお茶を濁していた。
しかし、B面の最後の方の二人のセリフは
しっかりと収録されていて、
そこを何度も繰り返し聴いたものだ。

カトリーヌ・ドヌーヴの映画はよく見ていた。
『ロバと王女』『哀しみのトリスターナ』『リスボン特急』
ファンだったと言ってもいいだろう。
ジャクリーン・ビセットの方がもっと好きだったけれど。

しかし、あの頃のことを思えば、
こんなに映画を見なくても何ともない人生を送るようになるとは、
とても信じられないことです。

この作品で、ジャック・レモンの奥さん役が
サリー・ケラーマンだった。