読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

サラメシ

朝ドラの後に、そのままNHK総合にしてたら、
「サラメシ」の再放送が始まった。
4月から、放送時間帯が変わったので、久しぶり。
何度も書くが、私は自分が食べるものにあまり興味がない。
食べられればいいという最低な男である。

でも、テレビなどで食べ物が出てくると、
他の興味がある分野と同様に心が動かされる。
それはなぜかと軽く考えたら、
食べ物というよりも、それを前にした人のストーリーに
興味があるのだった。

で、「サラメシ」の何が好きなのかと思ったら、
結局その昼飯を食ってる人が、どういう仕事をしているか、
そこに興味があるのだった。
おそらく番組制作者の思いもそうなのだろう。
そういうふうに誘導されていくように出来ている。
特別の仕事でなくてもいい。
でも、それはどれ一つをとっても、世の中に無くてはならない
仕事なのだ。

そしてほぼ毎回最後に配された、あの人の昼食。
こちらは故人となった、各界の著名人たちが愛した、
いやとにかく大好きでしょっちゅう食っていたというお昼である。

何となく、食通っぽく思えるメニューが出てくるが、
私たちもこの時ばかりは、少し特別な料理のような気がする。
もうあの人たちは、大好物を味わうことはできないのだ。
それだけで特別なことである。

しかし、それを作ってくれる料理人(いろんな呼び方がある)は
元気に毎日仕事をやっているわけだ。
毎日いまを生きて飯を食ってる私たちも同じである。
その一点で、彼らと同じく私たちも故人を偲ぶ。
それは実に宗教的な、心が安らぐ時間なんだな。