読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

情報公開の在り方

今日の熊日夕刊の「政流考」というコラムに
共同通信編集委員の川上高志さんが書いていた。
国の情報公開の在り方について考えさせられると。

「情報は誰のものか。公文書管理法は国の文書を
『健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源』と明記、
『主権者である国民が主体的に利用し得るもの』としている。
まっとうな文言だが、その精神はどこに生きているのか」
と結ばれている。

わが国の官僚は、情報は権力を持つ者の物、
つまり権力をより自由に行使するために独占すべきもの
という考え方で長らく仕事をしてきたので(おそらく)、
公開しないことが前提のシステムとなっている。
それはミスを隠すとかよりももっと根源的な、
過去は反省しないという姿勢があるのではないか。
そこらへんが、現政権と非常に相性がいい。
安倍首相たちがこだわる歴史って何なのだろう。
当然そういう素朴な疑問がわくと思う。

前にも書いたが、大阪府知事時代の橋下徹氏には功績もあった。
徹底した情報公開にこだわったことだ。
その成果について具体的に調べたわけではないが、
ポーズだったとしても、真似のできない領域にあった。

国会議員地方自治体の議会、首長が
情報公開を当然のものと考えていれば、
住民、つまり国民の暮らしも少しずつでも良くなるだろう。
そういう方向に政治が向かうことは必然なのだ。