読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

非日常が日常

用事があって、熊本市の南高江方面に行った。
ついつい行き帰りの車中から、道路沿いの被災状況を見てしまう。
被害状況の分析とどこが違うのか。
やっぱり物珍しさから見ておこうという気持ちに近い。
自然な感情とはいえ、他人事と感じていないか。
下手すると、話のタネにと頭のどこかでは考えている。

ただ、その話のタネから防災が芽を出すかもしれないので
一概に良くないとは言えないのだが。
少々後ろめたい気持ちでハンドルを切って産業道路に入った。

ところで、行きの北バイパスの信号待ちで、
鹿児島ナンバーのタクシーの後ろについた。
先日テレビ番組で、鹿児島から北海道北端までタクシーに乗ったら、
料金は100万円を超えるかという実験をやっていた。
答えは、超えないだったのだが、
まさかその類ではないだろう、
地震に関係したお客さんなのかなと思った。

それで帰りに同じ北バイパスで、バックミラーに
料金メーターの前に「被害調査」という札をつけた車が見えた。
ハイヤーである。同じタクシー会社の別の車だった。
なるほど、鹿児島県、あるいは九州地方整備局の支局から、
出張って来ているのかもしれない。
お客さんは疲れて寝ているようだ。
被災現場をタクシーで回っているのか。
それなら、熊本のハイヤーの方が土地勘がありそうなものだが、
いまはカーナビがあるから関係ないのかもしれない。

そういうちょっとだけ非日常なことが日常なのが、
今の熊本です。