読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

災害後の議会がなすべきこと

主に議員としての活動 合志をめぐる冒険

全員協議会の案内と一緒に、
6月定例会の日程や一般質問をどうするのか協議したい旨、
議会事務局長名で文書があった。
熊本市議会が、6月定例会会期1日という前例を作ったこともあるが、
被害の状況も違っている合志市議会はどう対応すべきか。
ここは議会としての実力が問われるところだと思う。
これを読んでいる市民のみなさんはどうお考えになりますか。

通常業務に加えて災害復旧関連の事務作業中の職員に
議会対応まで求めるのは過重な負担ではないかという考えもある。
しかし、どんな非常時にも議会としてなすべきことはある。
行政と議会が車の両輪ならば、
復興に対して同じ推進力となるべきである。
市民の声をすくい上げつつ、合志市がさらに良い方向へ
進むことができるように、委員会などで大いに議論すべきではないか。
余震等にまだ注意しなければならない状況なので、
これから起きる可能性のある災害に対しての備えも
怠ることはできない。

一般質問はこういう場合、危急ではないと言えるか。
被災からの復興は、まちづくりの見直しも含む。
すっかり変える必要はなくても、
震災前にそのまま戻っていいのか、それとも調整が要るのか。
そういう議論は時を待たない。

少なくとも、こういうときに議会はどうあるべきか。
どういう活動が求められるのか。
その議論は議会でやらなければならないと思う。