読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

レターバスに乗って

昨秋値上げした合志市コミュニティバス
乗客が減ったまま増えていないそうだ。
私も熊本地震以降、利用していなかったので、
今日久しぶりにレターバスで合志庁舎へ行った。

行きは、お昼時の便で、思ったよりも多く、
座れない人を含め、20数人だった。
つまり、どんなに利用者が増えても、そのへんが上限。
30人は厳しいだろう。
だから、収支率を言うならば、乗車率の悪い便を
多くの人に使ってもらうしかないというジレンマを抱える。
乗客の多い時間帯に便数を増やせば、
もともと運賃が安いのに、運行経費が増えるばかりだ。

だから、コミュニティバスを住民サービスと割りきって、
どこまで予算をつぎ込めるかという判断が必要だ。
平日なので、高齢者の利用が多かったが、
お出かけによる健康増進効果を数値化できれば簡単だが、
実際には、かかりつけのクリニックに通院という利用もある。

隣町の店舗でショッピングされたら、
それは購買力の流出だというが、
実際の税収での差額などが示されないので、
感情論の域を出ない。

地域公共交通に投入する歳出をどう位置づけるのか。
しっかり議論すべきである。
バスに揺られながら考えたことなので、
この程度の結論であった。