読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

三四郎とEU

去年の8月ごろ、熊本日日新聞
夏目漱石の「三四郎」が連載されていた。
その前は「二百十日」で、その前は「草枕」だった。
漱石の書く女性の魅力的なことに驚く。
美禰子さんは容貌も美しいのだと思うが、
身のこなし、言葉遣い、おまけにミステリアス。

さて、漱石といえば英国留学。
EU離脱の英国民投票の開票結果。
5月のG7サミットのとき、当のキャメロン首相だけではなく、
それぞれの国の首脳にとっても懸案の一つだっただろう。
それを口に出せないから、あえて道化となって、
安倍首相は「リーマンショック級」という例えを出した。
なんてことがあったのなら、
そんなこと自分は言ってない、みたいなことは
言っちゃいけなかったのに、と私は思う。
それでも擁護する人はいるようで。

Well on the way, 子どものころは無邪気に、
そのうち、世の中から争い事はなくなって
世界は一つになるのだろうと信じていた。
EU欧州連合はそのさきがけになるものだと思っていた。
しかし、そう簡単には行かないものだ、民主主義は。