読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

日刊合志

経済・政治・国際 書籍・雑誌 主に議員としての活動

毎日暑い日が続く。
行政評価に対する意見を付けるために、
資料に目を通して、施策の効果を分析しているところだ。
なので、他のことにはあまり頭が働かない。
一般質問のこともしっかり気になるところである。
ガバナンス8月号の特集の「公共図書館のミライ」は、
図書館にまったく理解のない人にはよかったかもしれないが、
ある程度の知識を有している身には、いまさらのことが多かった。
しかし、一般質問には使えそうなのでもう一度読もう。
青木理稲田朋美の対談を読むつもりで注文した月刊日本8月号。
それは先月号だった。
この雑誌は保守系なのに、徹底して安倍総理批判をやっている。
そこが面白いところなのだが、憲法改正については、
現行憲法を改正するというと、その正当性を認めることになるので、
自主憲法を制定するということは、
現行憲法の無効を宣言すべきであるという立場である。
靖国神社は西郷ら賊軍をお祀りせよ」という表題で、
石原慎太郎亀井静香が対談しているが、その流れに即している。
一読には値するが、だから何なのさ、である。
白井聡菅野完の対談「日本会議大批判」は来月に続く。
読み始めると、どの記事も面白くてためになるので困る。
全面的に賛同はしかねるが、「正論」のように腹は立たない。