読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

務めと努め

市議会議員をやっていると、意見や要望を頂くことがある。
その意見や考えに対して、文句なく賛同できれば、
それなりの動きをすぐに取れるのだが、
困るのは、自分の考えと違っている場合だ。
まあ、それは行政の方でもすぐに対応するのは難しいだろうと、
そう思えることは遠回しに、時間がかかる問題だし、
ご希望には添えないかもしれないと答える。
しかし、それでは問題解決にならないとか、
そのことで不利益を被る人が少なくないというような場合、
すぐさま、そう言ってしまうのは違うような気がするし、
言葉を濁して、その考えに同意しているように受け止められても困る。
そういう場合だってあるのだ。
自治会に振ってしまえるような問題であれば、
一歩引いた第三者的な立ち位置を取ることもできるが、
なかなか悩ましいところだ。
たまに気弱になっているときに、
そういう悩ましい気持ちになるのかもしれない。