読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

国特別史跡

昨日のくまにち論壇に
熊本大文学部教授の稲葉継陽が熊本城二の丸の活用法に
疑問を呈している。苦言である。
「『国特別史跡』はその名の通り、国史跡の中でも
特に高い価値との位置づけで、城跡としては熊本城を含めて
10カ所だけだ。もちろん二の丸広場もその区域内にある」
「有名歌手を並べたライブやタレントのステージに
『復興』の冠を付けたとしても、それが熊本城の史跡としての
価値理解を増進させるわけではないだろう」

熊本地震からの復興に協力してくれた浜崎貴司吉井和哉ら。
実にありがたいことだが、そのステージに熊本城は、
稲葉教授が詳細に指摘しているように、
法の趣旨と規則に照らせば、イベントの開催場所に
ふさわしくないと考えるべきではないか。
熊本市桜町再開発のMICE施設、今は(仮称)熊本城ホールに
名前が変わっているが、その宣伝にも使えるという気持ちが
わからないではないが、行政手続上も問題があることを
稲葉教授は指摘している。

「国特別史跡」を返上し、国の復興予算を当てにしないなら、
何ら気にかけず、集客とチャリティに専念してもいいだろう。
文化財保護のいいとこ取りを私はとても容認できない。
二の丸広場の利用を法に則ったものにしなければ、
文化財はなぜ保護されるべきかの説明ができないではないか。
「法規と背エイドの適切な運用があってこその行政だ。
特別史跡・熊本城の復興には、管理団体たる熊本市
基本姿勢の回復が不可欠である」
稲葉教授は抑制的に結んでいる。