読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

文化財の指定

県立図書館学芸調査課長の丸山伸治さんが、
1月20日付熊日夕刊「きょうの発言」に書いていた。
文化財にはさまざまな種類がある。
「いずれも、出来上がって50年が経過しているものであれば、
ひとまず全てが文化財としての資格を有している」

また
「現状変更の制限などから開発の妨げとして嫌がるのか、
地域の個性の多様性のシンボルとして尊重するか、
指定文化財に対する意識は、その地域社会の
成熟度のバロメーターとしての意味合いもある」とも。
しかし、なかなかわかってもらえないだろうなあ。