読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

自由の値

11月27日付の赤旗日曜版に
憲法学者 木村草太さんのインタビューがあった。

自民党改憲草案について
「特殊な趣味嗜好(しこう)の人たちの同人誌のようです。
センスがなさすぎる」
安保法について
「意味が分からないから違憲です。
『存立危機事態』とは何か、誰も明確に説明していない。
意味不明な法文は、権力者の恣意(しい)的な運用を招き、
法の支配を崩壊させるので許されません。
今回の安保法は、そうした危機の典型になっています」
憲法には希望がありますが、
見方を変えればしょせんは紙です。
国民一人ひとりが国に守らせないといけません」

もう一つ。
「抽象的に人権の尊重と言われてもピンとこない。
でも、具体的に困っている時に読むと、違ってくる。
つらい状況にある時こそ、
憲法が保障する自由の価値が分かるのです」

YouTubeで検索したら、音なしジャケットのみという
これがヒットした。このシングルは昔持っていた。
写真がかっこよかった。A面の「オハイオ」とともに、
当時の時代を反映している。
そしてその国の持つ憲法をも。