読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

里山資本主義

大津町老人福祉センターで藻谷浩介講演会。
藻谷さんは、「里山資本主義」で一世を風靡した人である。
一世を風靡したかどうかは評価が分かれると思うが。
お金は交換手段。価値の”ものさし”にはしない。
人の価値は金銭価値ではない、かけがえのなさ。
里山資本主義の根本にあるのは「物々交換」である。
その他色々。
国勢調査の数字をもとにした分析から、
都会よりも大津町の方が将来性があるという結論。
統計を自分で分析する力は行政パーソンに必要である。
そのことを改めて認識した。