読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

火事

糸魚川市の大規模火災のニュースを見て、
火事の怖さを改めて思う。
火は一度出したら、制御不能になると思って間違いない。
小学生のとき、私の生家の敷地内にあった貸家が
全焼して一人住まいの老人が亡くなった。
隣が銭湯だったので、そこの水も使ったのだったか。
祖父が質屋を営んでいたので蔵があり、
そのおかげで母屋への延焼が食い止められたと聞いた。
クリスマスの夜だった。
大津町の商店街の一角だったので、
おそらく風が無かったのが
不幸中の幸いだったのではないか。
夜中の2時ぐらいのことで、記憶も定かではないが。
近くの靴屋さんの家に避難して不安な夜を過ごした。
そこの娘さんが、私の叔母と同級生だったから。
次々に昔のことを思い出す。きりがない。
12月とはそういう月だ。