読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

メリー・クリスマス

大西一史熊本市長のファイスブックに引用されていた、
あるドイツ人の方が紹介していたという言葉。

「クリスマスは思慮と内省の時期である」

師走の挨拶の定番、今年もいろいろお世話になりました、やら
大掃除や大片付けが、人を思慮と内省に向かわせる時期である。
朝ドラ「べっぴんさん」でも今日はクリスマス特集。
市村正親さんの「ホワイト・クリスマス」が聞けるとは少し贅沢。
「メリー・クリスマス」と言うものの、
日本人は宗教観を持ってクリスマスを祝うわけではない。
それで両親からプレゼントをもらう年でなくなった頃から、
私にはどうにも違和感が伴うようになった。
しかし、たまたま私が年の瀬に感じていた「何となく振り返り」が、
クリスマスのシーズンにピッタリだということで、
「クリスマス」以外のワードが何かないものかと思っていたら、
何と米国では少し前から「ハッピー・ホリデイズ」が一般的らしい。
そう、例のポリティカリー・コレクトネス
政治的に正しい表現)である。
ということを知ったのが実は、
ドナルド・トランプ次期大統領予定者が「メリー・クリスマス」
を遠慮なく使おうということを主張しているというニュースを
見かけたからという、少々回りくどい理解。

ウィキペディアで調べると、
何と1900年、明治屋が銀座に進出、
その頃からクリスマス商戦が始まったとのこと。
1900年といえば、明治33年、私の父方の祖母が生まれた年。

「クリスマスは思慮と内省の時期である」
ただ、きりがない。