読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

大滝詠一

今日午前、風呂掃除をしながら大滝詠一を聞いた。
スマートフォンに保存してある曲をシャッフルしたら、
奇しくも「君は天然色」が一曲目だった。
松本隆が作詞したその曲、彼の亡くなった妹のことを
書いたということを最近知った。
大滝詠一が亡くなったのは、2013(平成25)年12月30日。
もう丸3年か。
ちょうど今日のNHKラジオ第一「昼のいこい」では、
小林旭の「さらばシベリア鉄道」と
大滝詠一の「哀愁のフィヨルドの少女」(インストゥルメンタル
がかかった。
さて、次に加藤和彦を聞いた。
二人とも私のアイドルだった。
二人とも亡くなった。
2人の年を追い越すのもそんなに先のことではない。
(敬称略)