読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

百人一首

赤旗日曜版1月1日・8日合併号に
歌人馬場あき子さんのインタビューがある。
天智天皇近江令を公布した人で、
官僚制度を整えた人です。
そしてもうひとつ重要なのは、宮廷には
文化がなければいけない、としたことです。
だから、近江の都の官僚も皇子も、
みんな歌が詠めました。
文学や芸術への教養をもっているのが
当たり前だったのです。これは、
明治以降の日本が失ったものです。
明治以降、文学を理解しない者も
政治家になれるような国になってしまった。
政治家や官僚が芸術を理解しないようになったのは、
大変な損失だと思います。
だからこういうダメな国になってしまうんです。
せめて百人一首くらいは読んでもらいたい(笑い)」

うちの息子たちは小学生のとき、
百人一首をやっていたのだが、
私はやったことがなくて、新しいことに挑戦する気も
ないまま、ここまで生きてしまった。

明治大正のころ、文学を理解する政治家や官僚は
まだまだ少なくはなかったと思う。
研究対象としての石原慎太郎は実に興味深いかもしれない。
私にとってはエキセントリックなオジサンでしかないが、
読んだことがないので言える筋合いではない。