読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

空気を読む

経済・政治・国際

昨年の2月28日のくまにち論壇は中島岳志さん。
当時は北海道大学大学院の准教授。
高市早苗総務相の電波停止発言が話題になっていた頃。

「与党関係者は世論の動向を常に気にかけ、
そのため世論に対して大きな影響力を持つ
メディアをコントロールしたいという思いを抱く。
ただし、メディアの報道内容に
直接的な介入をするわけにはいかない。
露骨に行うと、メディアは強く反発し、
逆に政権批判が高まってしまう」

それで、「メディアの側に権力の意向を
忖度させ、必要以上に自粛させればいいのである」

他ならぬ安倍晋三首相にはずっと若い頃、
NHKの番組放送に関して介入したのではないかという
スキャンダルがあった。
ウィキペディア上では出典がはっきりしないと書かれているが、
どうにもスッキリしないところが、
このメディアの忖度、自粛の問題だ。
いずれにせよ、この一件から安倍政権も学んだと思われる。

あれから1年、トランプ大統領と米メディアの関係は
今後どうなるかも含めて、彼我の差を感じるところだ。