そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

ミューズ・KOIZUMI・ミュージアム

小泉今日子シンドローム

今年は小泉今日子デビュー40周年だった。私はデビュー直後は知らなかったので、翌年ぐらいからファンになったと思っている。39周年かな。一所懸命になる時期とそれほどでもないときがあって、一番夢中なときを便宜上「シンドローム」と名付けよう。先月、40…

量子宇宙と小泉今日子

昨夜のライブで、小泉今日子が時の流れについて語っていた。過去は後ろ、前は未来と考えるのが普通だけれど、彼女は右手に過去、左手に未来が同時に広がっていて、みんな一緒に前に進んでいるように感じていると言った。オーディエンスはみんな気づいていな…

KKPP

小泉今日子のコンサート、34年ぶり。前回は市民会館で、空席が目立った。今回は熊本城ホールでチケット完売だったようだ。

唄うコイズミさん

来週定例会(9月議会)が開会する。午前、一般質問の内容について情報交換会。午後、市役所に。雷が鳴り夕立がザアっと来るかと思ったら、降ったのはお湿り程度だった。夜は小泉今日子のライブ配信「唄うコイズミさん」を視聴。人は誰でも歳を取る。彼女とと…

夏のタイムマシーン

この曲は、「あまちゃん」の春子の「あったかもしれないもう一つの青春」なのだなと思う。 「夏のタイムマシーン」クレジットによれば、24時間テレビの中で歌われたのだろうか。

小雨

雑誌SWITCHの4月号だったと思う。小泉今日子の連載「原宿百景」で、愛猫小雨のことが書かれていた。当時の自分の状況を客観的に描くことから始まり、住まい探しの話かと思いきや、いかにして小雨と出合ったか、そしてエンディングは・・・うまい。村…

小泉今日子

今朝のNHK総合「あさイチ」に連続ドラマ「あまちゃん」に主人公の母親役で出演中の小泉今日子が出ていた。Kyon²ももう47歳である。ドラマでは42歳の役であるが。途中可燃ごみを出しに行ったら、カラスが来ていたので、つつかないように収集車が来るまで見…

エニタイム・小泉の書評

久し振りの「小泉の書評」の諸評です。今週は、2月20日付(オンラインでは21日付)→リンク久世朋子著『テコちゃんの時間 久世光彦その日々』平凡社刊 1600円「誰かが自分のことを知ってくれている。当たり前のようで、とても特別なことだと思う」なんてった…

どんな音、聞いた?

久々に、小泉の書評を行ってみるか。 『桐島、部活やめるってよ』朝井リョウ著 集英社刊1260円書評のタイトルは、「どんな音、聞いた?」なんだけど、「放課後の学校はたくさんの音で溢(あふ)れていた」なんてところが、やっぱり音楽家小泉であり、文…

チャリンの心

雑誌Switch12月号の小泉今日子「原宿百景」は、「チャリン、チャリン、チャリン」である。「である」と偉そうに書くことはないが、つまり、まだデビューどころか、小泉が、普通の女の子(おまけに内気な)だったころ、まだお父さんも一緒に住んでいて、電話…

ワタシヲ、読ンデ

1996年。13年前、郵便番号はまだ3桁だったのか。小泉今日子は、30歳だった。

TRAVEL ROCK ライナーノーツ

当時、小泉に対する興味が薄れていた頃。 As you like.

TRAVEL ROCK

1993(平成5)年11月発売の小泉今日子のCD。 中古で買って、ちゃんと聞いたこともない。そういうものだ。 別売りだけど確か、ビデオもあったと思う。 今どき、DVD付きのCDは珍しくないが、その先駆けと言えないこともない。 オノ・ヨーコの「女性上位万歳」を…

ベンザエース

風邪薬の広告キャラクター契約はもともと長いのだろうか。 小泉の場合も、何年も続いていたような気がする。 だから、いつのものか不明です。 が、さすがに時代を感じさせます。

求められれば、いつでも飛んでいくよって気持ちで。

1998(平成10)年10月1日角川書店発行。 月刊[フィーチャー]10月号。 公募曲で作り上げたアルバム『KYО→』を発表した 小泉今日子のインタビューが掲載されている。 私も「少女という日」を送っていた(落選)。 今回久しぶりにページをめくって興味深かったの…

42歳とは思えぬ…

誉めことばなのか、それは。 最近は、亀梨がらみでしか語られることがなかった小泉今日子。 今回自分の主演映画『グーグーだって猫である』のテーマ曲を歌うそうだ。 熊日(デイリースポーツ特約)より。 音楽監督が、細野晴臣さんで、デュエットするらしい。 …

8センチメンタルCDs

今も、8センチCDなんて規格が残ってるのだろうか。 山下達郎曰く、ショップで目立たせるために、 シングルもアルバムと同じサイズになったのだそうだ。 「自分を見つめて」1992年。フジテレビ系「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」エンディングテ…

TOUR'89スーパーウルトラハード

平成元年のコンサートのツアーパンフレットより、 岡崎京子さんの「アイドル刑事」。 スケジュールを見ると、8月29日に来熊している。 熊本市民会館の半分くらいしか埋まってなかった。 それゆえか、翌年は、熊本を飛び越えて、宮崎だった。 ずいぶん迷った…

レトロとレトルトと

1992(平成4)年12月5日号non・no。 表紙に、小泉が出ていたらたいてい買っていた。 雑誌全般そうだと思うが、ファッション誌は特に、 時代を感じさせるねえ。 『バブルへGO!!』ではないが、「眉 太っ」です。 第一勧業銀行の広告にも出ていたのは記憶になか…

レイ・ブルー・レイ

『快盗ルビイ』 1988(昭和63)年作品。 『病は気から 病院へ行こう2』 1992(平成4)年作品。 実は、どちらもちゃんと鑑賞していない。 レンタル落ちで、ひとまず押さえたもの。 中古で見つけたのに、買いそびれたライブものなどもある。 数年前、DVDボックスが…

夢の中で語る

どうして、会話の内容を覚えていないのだろう。 小泉と二人で、テーブルを挟んで 語りあったのに。 柔らかな光に満たされた窓際の席。 彼女がどういう風に喋るのかを 私は知っている。 だから、夢の中で ごく自然に話せるのだ。 写真は、SWITCH誌2007年12月…

カットソークノール

小泉が、クノールのカップスープのCMに出てたとき、 懸賞で当たった。 赤とグレーの二枚組。Oh!バブリーだね。

みなさんのおかげです

YouTubeでも、見られるかもしれないけど、 小泉の出演番組は、ザテレビジョン誌でチェックして、 ほとんど録画していた。 マニアというか、フリークと呼ぶか。 1992(平成4)年10月1日「とんねるずのみなさんのおかげです秋の特選スペシャル」から。 モンキー…

コイズミ・イン・モーション

1991(平成3)年にFMでオンエアされていた番組。提供は、出光石油。一部ではあるが、カセットに録音していたものが、残っている。久しぶりにそれらを収めた箱を開けると、山下達郎の「サウンドストリート」とか、その他の番組もあった。ヒップホップというのか…

小泉今日子無責任編集

ワニブックスから、1992(平成4)年に発行された、『裏小泉』である。表紙はすべてを語っていない。遊びとは、ここまで徹底すべきものの見本。あの時代、あの小泉に鹿、梨得なかったであろう前人未到空前絶後の出版物である。いま思うと、定価3000円は安い。因…

写真集

今日は、色々考えるのが面倒なので、昭和59年に出た、デラックス近代映画『小泉今日子写真集』定価1,800円。こんな水着とか載せちゃったりして、本人が見たら、怒るかもしれんなあ。

人生らしいね

1988(昭和6)年2月2日発行 マガジンハウス刊 『人生らしいね』 COMME DE JUSTE MA VIE 「週刊平凡」誌の連載をまとめたもの。写真×構成の吉見佑子さんは、確か「若いこだま」もやってたと思うんだけど、今、何をしてるんだろう。当時の小泉とスタッフは、前に…

KYON KYON倶楽部

カセットブックなるものが、かつて存在した。結構高価なわりに、中途半端というか、レコードアルバムの方が、保存価値あるみたいな。ところで、コイズミだ。これは、1984(昭和59)年の作品。「私の小泉」を決定づけた「あんみつ姫」の主題歌「クライマック…

あですがた水着ムスメ!!

昭和60(1985)年4月10日発行の「小泉今日子ビジュアル・ソング・ブック」1200円。楽譜満載、写真も多い。あ、ビジュアルで、ソング・ブックだもんね。19歳か。笑顔を取り繕っていないところが、初々しい。№1になっていたが、№2は多分出てないだろう。その後…

確かな「記念鑑」

北野武、かっこいい! これは、昭和61(1986)年、音楽専科社から発行された「ARENA37℃ 臨時増刊<小泉記念鑑>」から。 当時、小泉の人拓が少しだけど、話題になった。久しぶりにめくってみると、小泉の眉の太さが、時代を感じさせるではないか。あの頃は、…