そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

映画・テレビ

腐女子、うっかりゲイに告る。

去年録画したままだったNHKのよるドラ。残りの4回を今見ている。まったく情報がなかったので、検索かけると、まだホームページが残っていて、なんと今月6月13日(土)から再放送されると。こういう霊感めいたことはよくある。たまたま偶然にと言えないことも…

いいね!光源氏くん

「いいね!光源氏くん」全8回見終わった。ドラマには無限の可能性がある!と思った。細かいところでダメ出しをするのは簡単だ。もちろんディテールは大事だが、それはキャラクターをどう発展させ、そしてその関係性をフィクションとしてのリアルさで描くこと…

news23

今夜のnews23も攻めてる。「桜を見る会」を公選法違反と政治資金規正法違反で刑事告発した。このタイミングは、黒川弘務検事長の賭け麻雀による辞職と見事にシンクロしているが、偶然なのだろうか。で、日テレzeroに替えると、元東京地検特捜部副部長の若狭…

若おかみは小学生!

鈴木慶一さんが音楽を担当していて、確か本家のアカデミー賞候補にもなっていたアニメ。その鈴木さんが、自分で音楽を担当していながら、最後は大泣きしてしまったとフェイスブックに書いていた。そういうコメントに弱い私ではあるが、まさかこれほど面白い…

野ブタ。

新型コロナの影響で新番組が始まらず、「野ブタ。をプロデュース」の再放送が選ばれた。

スローな武士にしてくれ

NHK総合で「スローな武士にしてくれ」というドラマを見た。京都の映画撮影所を舞台にした時代劇への愛に満ちた作品だった。主演 内野聖陽、中村獅童の2人にヒロイン水野美紀。NHKが持つ撮影技術の紹介と思いきや、古典的男女のラブ・ストーリー。柄本佑のオ…

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

見ました。第1作(エピソードⅣ)から第3作までは、しっかり見たのだが、以降興味は薄れ、テレビ放映のときも、集中できなかったのだが、シリーズ最終作と言われる本作は、凄いという評判を数本見るにつけ(少ないが)劇場で見るかと思い立って、行ってきた。…

いだてん

今日は、久しぶりの休日という感じ。午前中、風の便りを配り、今回の分は一応終了。午後、録画していた「いだてん」を2回分見る。丁度東京オリンピック返上と満州編の辺り。やっとです。泣けて泣けて。歴史的に正史と言えるかどうかを問題にする人たちがいる…

ロケットマン

話題のエルトン・ジョンの伝記映画。「ボヘミアン・ラプソディ」が予想外にヒットしたおかげで、日本でも見ることができるようになったと私は認識している「ロケットマン」。ネット広告も大量出稿で、逆に心配になっていた。考えたら、ネット広告で私はター…

俺のスカート、どこ行った?

日テレの土曜日は、ほぼ学園モノの作り。ほとんどおんなじ、変わらないようでいて、少しずつ時代に寄り添っていく。丹念に見ていたわけではなかったし、女装趣味の余命宣告された教師が、それとなく説教臭さを抑えたようでいて、言ってることは、いつものパ…

コンフィデンスマンJP

ついに劇場版を見ることができた。インスタグラムで小出しにされていたので、映像的には、あれがここに入るのかと確認したようなもの。騙しだまされというストーリーも考えようでは、そんなに難しいことではない。キャラクターと相関図を組み立てた後は、そ…

白い巨塔

岡田准一の「白い巨塔」、見るとはなしに見始めると、これが面白い。田宮二郎のとき、子どもだったけど見た記憶はある。ただ覚えてはいない。何度もリメイクされたと思うが、きちんと見た覚えはない。今回もまったく興味がなかったのだが、岡田准一がいい財…

朝ドラ100作!

気分は10連休の最終日。振替休日は国旗掲揚しなくてもいい、ということに気づく。朝ドラ「なつぞら」に引き続き、「朝ドラ100作!全部見せますSP(再)」も見てしまう。ノスタルジーに傾斜するせいか、ただ朝ドラが好きなのか。制作側が国民感情をよく掴んで…

病院ラジオ

合志市のキャッチフレーズは「健康都市こうし」である。総合計画にも謳われていて、議会も承認している。写真は先週、泉ヶ丘市民センターで撮影したもの。 今朝、NHK総合で病院ラジオ「子ども病院編」という番組を見た。サンドウィッチマンの2人が、世田谷区…

マリオ

隣に誰かがいないと生きた気がしない。「マリオ」というタイトルのNHKのドラマ。高校生とのふれあいで成長するAI。人間の肉体を得たAIが警察権力により抹殺されるサスペンス。

いだてん

NHK大河ドラマの「いだてん」の視聴率が低いと散々な言われようだ。録画しておいた2週間前の分を見ていたが、全国の国民は、多分熊本弁が嫌いなのだろう。こんなに面白いのに、国民の感性が鈍っていて、この面白さを分からないのだろう。さて、午前中に議会…

マスカレード・ホテル

長澤まさみファンを自認しているのに、これまで映画館で彼女の出ている映画を見たことがない。多分。そこで、今回木村拓哉との共演で話題の『マスカレード・ホテル』を見に行きました。平日昼間からとのお叱りを受けそうですが、すみません、なかなか時間が…

18祭(フェス)

午前中、NHK総合で「RADWIMPS18祭(フェス)」という番組を見るともなしに見始めたら、ついつい引き込まれた。RADWIMPSが、全国から公募した1,000人の18歳と一緒に歌うという企画。1,000人の18歳は将来の受信料負担者でもある。とはいえ、自分の思いを動画で送…

家売るオンナ

すっかり忘れてたけど、「家売るオンナ」の新シリーズが始まった。

青春はハモりだ!

Nコ ン全力合唱物語2018 「合唱日本一を目指す中学生汗と涙の舞台裏に密着(語り:村上虹郎)」という番組を「まんぷく」に引き続き見てしまった月曜日。昨夜、高校の同級生と飲み語りあったこともあり、青春がズキンと来る番組でした。中学高校時代、あそこ…

QUEEN

映画『ボヘミアン・ラプソディ』をやっと見た。うーーん。イントロダクションのツカミは良かったが、言われているように、フレディ役の俳優があまりにデフォルメされていて、引いた。それはともかく演出がそれほどでもないのに、クイーンのヒストリー自体が…

あくせくアクセス

市議会議員としては、ブログのアクセス数は重要だ。個人的にも、そういう数字を意外と気にするほうである。テレビドラマを視聴率で判断するネット記事を何もわかっちゃいないと言うくせに。当然それらは同等ではないが。

半分、青い。弁天山。

NHKの朝ドラ「半分、青い。」が最終週にハードな展開となった。予想していたことではあるが、あと3日でどう締めくくるのか。私達は予定調和を求めていたのだろうか。現実の厳しさに遠く及ばないからといって、ドラマをどこか見下していたのではないか。心配…

マスク

さすがに夏も斜陽となりつつあるが、季節と関係なく、マスクをしている人がいる。というか、結構目に付く。インフルエンザは夏でも流行るし、職業的に必要な人もいるかもしれないが、ファッション的というか、自分の素顔をさらしたくない人もいるという話を…

義母と娘のブルース

「義母と娘のブルース」は4コマ漫画の原作ありだそうだ。ときに、4コマ漫画のマンガは、やはり漫画であるべきか。原作を読んでいないので、いきなりである。綾瀬はるか演じる宮本亜希子の夫(竹野内豊)が亡くなった。お盆ということはそれほど関係ないかも…

透明なゆりかご

NHKのドラマ10「透明なゆりかご」。命に対して、こんなに真剣に向き合うドラマがあっただろうかと問うのは、おこがましいとは思う。しかし、まさに産婦人科が舞台で、そこでは幸せな出産だけではなく、妊娠中絶もある。今夜の回は、無事出産した母親が急死す…

小林さん

図書館で週刊文春の小林信彦さんのエッセイを読んだ。今週は珍しくテレビ番組の話。小林さんは入院中だ。で、コメディを演じるときの綾瀬はるかの素晴らしさと「この世界の片隅に」における松本穂香の美しさ。鼻の形に言及するところとか、私とまったく同じ…

安倍晋三氏とNHK番組改変問題

活動報告「風の便り」に、NHKの番組改変問題について書いている。参考にしたのは、 NHK vs. 朝日新聞「番組改変」論争 「政治介入」の決定的証拠 News for the People in Japan ほぼ出来上がるが、読みにくいような気もする。

アルトマン

映画『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』をDVDで見た。日本では2015年に公開されていたが、やっと見た。原題は『ALTMAN』で家族を大切にした彼に相応しい。邦画界では◯◯組という言い方をするが、アルトマンの場合、制作チー…

半分、青い

NHKの朝ドラ「半分、青い」のヒロイン、永野芽郁に注目したのは、「僕たちがやりました」に出ていたときのことである。最近の若手女優さんは単なる美形では物足りないと思われるようで、彼女の場合、いわゆる団子っ鼻が魅力的なのだから、美のスタンダードを…