そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

経済・政治・国際

謙虚に誠実に

平成29(2017)年10月22日投票の総選挙で、自公両党で310議席、3分の2超を確保した。公示前は325議席だったので、「辛くも」勝利であった。1年前の東京都議選で自民党は歴史的惨敗だった。安倍首相は「国民からより一層厳しいまなざしが注がれる。今まで以上…

衆院選2017

いま平成29(2017)年10月20日である。私の新聞スクラップでは。少し勢いがついて、まだそこまでは行っていない。増えない程度になってきたところだ。しかし定例会はそこまで来ている。がんばろう。さて、「衆院選2017」という、なにせ平成の話。そこでは、…

支持率急落

毎日新聞と社会調査研究センター共同の世論調査で安倍内閣の支持率が急落したという報道。だが、ざまあみろというより、不安を感じるところもある。安倍政権がいずれ破綻するのを待ち望んでいたが、社会基盤を破壊した政権のあとに、それを復旧させるのは容…

news23

今夜のnews23も攻めてる。「桜を見る会」を公選法違反と政治資金規正法違反で刑事告発した。このタイミングは、黒川弘務検事長の賭け麻雀による辞職と見事にシンクロしているが、偶然なのだろうか。で、日テレzeroに替えると、元東京地検特捜部副部長の若狭…

オールウェイズ・ウィズコロナ

昨日、全員協議会。先月に引き続き、防災センターの広い会議室で。来月に入って開会する6月定例会での一般質問は、1人持ち時間30分とすることが決まった。議場も傍聴席まで含めて、議席の間隔を広く取るように配置される。デニス・キャロル元国際開発局新興…

国難突破解散2017

平成29年9月26日(火)まで来た熊日朝刊。1面トップの見出しは、衆院28日解散消費税使途の変更問う首相表明 来月22日投開票透ける「自己都合」このような活字が躍っている。結果は現在のような日本を招来しているのだが、この解散時、北朝鮮がミサイルを何度…

あの日に始まった失敗の本質

すべてあの日に始まった。森友学園問題の国会質疑で、安倍首相がもし自分と妻が、土地購入に関わっていることが明らかになったら、総理も議員も辞職するとそう明言した日から、このコロナ禍の混乱が始まったのだ。もちろん今のところ、感染者も死者も数の上…

首相会見

ちょうど首相会見やっているから書くけど、所信表明演説やってるわけじゃないのだから、もっと端的に結論だけ言って、質疑で具体策を答えようとは思わないのだろうか。もはや誰も聞いていないみかん箱の上での演説って感じ。

保育園落ちた

2017(平成29)年9月17日の熊日。10月衆院選「首相 教育財源に消費税」の見出しがあった。なんで教育財源かと言うと、ここからは記憶だが、「保育園落ちた。日本死ね!」が話題になり、少子化対策のため、待機児童を減らす、そしてなぜかそこから、幼保無償…

ウイルスとのバトル

糸井重里、スガシカオ、あと誰だっけ、ツイートが炎上しているようだ。炎上と一言で片付けることには異議があるが、ネット上では批判が目立つので、そういうことになってしまう。あと山下達郎が自分の番組で語ったことだ。最近、毎週聞いているので、2,3週間…

メッセージは不可欠

緊急事態宣言に該当する都府県以外の自治体はどう対処すればいいのか。やっぱり不要不急の外出は控えて、なるべく人との接触は避けよう、というのが基本的な姿勢だと思うのだが、感染者が出ている自治体の首長は当然のこととしてその他の警戒中の首長は、黙…

緊急事態宣言

まさかこんなことにまで発展するとは思ってもみなかった。学校一斉休業があまりにも唐突で、正直そこまで今やることかと私は思った。結果的には、その後徐々に感染者が増えてきたので、休校にしたことが半ば正当化されてしまったが、学校以外の外出規制等が…

2枚のマスク

福島伸亨さんのフェイスブック記事を貼り付けました。勝手ながら、いつまでも残るように、テキストをコピペしました。 [http://:title] 〇国民一人当たり2枚の布マスク配布政策が、いろいろな波紋を広げているようである。命を受けて一生懸命対応した経産省…

強欲

先日の熊本県知事選挙で、蒲島郁夫氏が4度目の当選を果たした。完璧に近い組織型の選挙で、結果的には落選など考えられなかった。それほど高齢というわけではないので、多選批判はあっても、では他に誰がいるのかという人材不足論は現実である。では本人にや…

熊本県知事選挙

選挙当日は、投票を済ませると、急に手持ち無沙汰になる。開票が始まって、結果が出るまでがまた長い。前回は確か開票を見るためにヴィーブルまで行ったのではなかったか。合志市では午後7時で投票箱の蓋が閉まる。自分の選挙だと、こんな悠長に構えてはいら…

衝撃

全国の小中高 臨時休校要請へ 来月2日~春休みまで 首相。これは、NHKニュースからの切り貼りだが、他の多くの国民と同じで衝撃だった。合志市教育委員会はどういう判断をするのか。

桜を見ること

国会で桜を見る会を追及することで、野党が得るものが何かあるだろうか。安倍首相が辞意を表明することはあり得ないだろう。いつまでも、グズグズやってる印象は与党に有利に働きかねない。それでも、追及の手をゆるめてはいけないのは、それが信義に関わる…

政治家としての覚悟

幸山政史氏の後援会事務所開きに参加した。彼は政治家に生まれついたのだと確信した。ずっと長く支持している後援会の多くの方々にとってみれば、何を今更の話だろう。しかし、同じ政治家の端くれである自分のことを省みるとき、政治家であることの覚悟の大…

12年前のこうのとり

2007年4月8日の記事で、「こうのとりのゆりかご」というのがあった。 somuchcolor.hatenablog.com こういうことを書いている。「この、名付け親になるのが、市長だというくだりを読んだとき、私は不覚にも目頭が熱くなった。幸山の顔を思い出したというわけ…

図書館の過去と未来

東大新聞オンラインに「問われ直す存在意義 図書館の過去と未来」という文章があった。書いたのは、河村俊太郎准教授。公共図書館が成立したのは、19世紀。「特にアメリカでは、情報のインフラ、民主主義の基盤としての位置付けを図書館に与え」た。明治維新…

安倍改憲案は「戦後レジーム」を完成させる

雑誌「表現者クライテリオン」11月号掲載の堀茂樹さんの「安倍改憲案は『戦後レジーム』を完成させる」から。「安倍改憲案の迷走ないし逸脱を本質的に説明できるのは、おそらく、安倍晋三という人物の内に無理なく想定しうる名声願望でも、権力欲でも、はた…

政教分離

昨日10月19日付の熊日夕刊のコラム一筆は、雑誌「宗教問題」編集長の小川寛大さんの担当。天皇陛下の即位礼が22日に行われることもあり、政教分離について書かれている。少し前にあいちトリエンナーレ問題というのがあった。その事件について、まったくご存…

米産大豆のゆくえ

9月13日5:26付日本経済新聞電子版によると、中国の国営商社などが100万トンを超える米国産大豆を買い付けたそうだ。今後も継続する見通しで、計500万トンの成約が見込まれる。中国の大豆輸入量は年間約9千万トンで、500万トンは約6%。シカゴ市場では大豆価…

米国で強まる農業保護

9月6日付全国農業新聞の食農耕論に服部信司東洋大名誉教授が書いている。今年5月、トランプ大統領は米国の農家に対し、160億㌦(1㌦=110円としてとして、1兆7600億円)の農家直接支援を発表した。昨年に引き続き2年連続である。米国の農業保護政策の中心は…

熊本県知事選挙

蒲島郁夫熊本県知事が、来春の次期知事選に出馬の意向を固めたらしい。正式表明は県議会の代表質問でなされるとのこと。4期目である。県知事は行政のトップなので、選挙によって民意で選ばれるとは言っても、そつなく事業を執行する、つまり職員の能力を最大…

選挙に行けば

10月の消費税増税に賛成する若者は3割に満たない。17~19歳の男女を対象にインターネット上でアンケートを実施し、計1000件の回答を得た日本財団の調査で明らかになった。だったら、選挙に行けと言いたい。なぜ、そこが結びつかないのだろうか。 www.jiji.com

自民党の経済協定対策本部会議について

8月30日の日本農業新聞に29日開かれた自民党のTPP・日EU・日米TAG等経済協定対策本部(本部長=森山裕国会対策委員長)について書かれていた。茂木敏充経済再生担当相らが出席して、日米貿易協定交渉の交渉経過について報告したようだ。重要局面なのに幹部席…

日韓トゥデイ

日韓関係がもつれているが、そのことについて書くためには、いろいろ調べて確認しないといけないので、雑駁なところを書こうと思う。韓国の主張が正しいとか間違ってるとか、一方的な評価はできないと考えるのが普通だろう。同様に日本がそのどちらかである…

小麦輸入密約

8月19日付日本農業新聞に「日本が小麦輸入密約?」という記事があった。トランプ大統領が、13日ペンシルベニア州の工場のイベントで演説した内容は、米国の対日赤字解消のために、安倍政権が嫌々ながらも米国産小麦を購入するという内容。面白いのは、全米小…

開票参観

昨夜は参議院選挙の開票を見学にヴィーブルへ。粛々と続く作業を見ているのは退屈だが時間は過ぎる。NHKの腕章をつけたアルバイトみたいな若者が4,5人、双眼鏡を覗きながら、馬場馬場馬場馬場、あべとかつぶやいていたのだが、法則性は認められなかった。話…