読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

地震保険という商品

昨年の6月4日の熊日に、
地震保険料19%値上げ」の記事があった。
「来年秋にも全国平均で19%引き上げる方針を固めた」とのことで、
つまり始期日が今年の秋になる契約ということだが、
損保ジャパン日本興亜のHPを試しに開いたら、
実際には7月1日に改定になる旨、出ていた。

【保険料改定の背景】
地震保険の保険料率は、
政府の地震調査研究推進本部が作成する「確率論的地震動予測地図」
を用いて算出しています。先般、この「確率論的地震動予測地図」が
一部見直されたこと等により、
全国的に地震保険の保険料率の改定を行うことになりました。

ということで、地震の予知は困難であるが、
危険度を予測できるほどには進化しているということだ。

さて、この地震保険料、実は一昨年7月にも
全国平均で15.5%値上されたばかり。
確か熊本県は比較的安かったのが、
確かこのとき大きく値上げされていたような記憶がある
(確認はしてません)。
地震に揺らがない国にする地震本部~政府 地震調査研究推進本部
全国地震動予測地図2014年版 ~全国の地震動ハザードを概観して~ | 地震本部 
専門的なので読み解けないが、
地震保険という金融商品に関係するので、
かなりシビアな研究成果が示されているような感じはします。