そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

日記・コラム・つぶやき

ログ

気がつけば久しぶりでした。雨が続く中、「風の便り」の原稿を書き、編集していました。集中していたかというとそうでもなく。しかし完成しました。毎度のことながら、書いてると自分の勉強の足りなさを改めて感じることに。

豪雨被害

熊本県南部の豪雨被害の状況を気にかけていないわけではない。すでに現地に入っている友人もいる。なのに、私は一日自宅にいて、制作中の活動報告のために参考文献を読んだりしていた。

ダンボール

3カ月が過ぎたので、新しいダンボールコンポストを西武クリーン購入しに行った。もみ殻くんせい炭とピートモスだったっけ。結構いい加減なものである。堆肥化したあとも使い方が間違っているかも。ともかく3カ月分は水分もあるかもいれないが、ずいぶん重く…

100周年

昨夜、母校大津高校のセミナーハウスで、創立100周年記念事業実行委員会。たまに訪れると、懐かしさで一杯になる。今日は午前中、議会広報委員会。ヴィーブル図書館に寄り本を返却して帰る。

あなたとラジオと音楽と

昨夜TBSラジオで「あなたとラジオと音楽と」という単独生放送番組を小泉今日子がやるという情報を株式会社明後日のツイッターかインスラグラムで見て、思い切って、ラジコのエリアフリーサービスを契約した。初月無料だということだが、おそらく他の番組を聞…

マスクは自分を守る鎧

「マスクは自分を守る鎧」という例えをどこかで読んでいたような気がしていたら、2017(平成29)年11月9日付熊日「こころノート」に書いてあった。中学生のカウンセリングに関連して。

定例会閉会(昨日)

昨日で6月議会が閉会した。コロナ禍で会期が約半分になった。一般質問の時間が一人あたり30分と半分だった。これについては、項目を絞って質問するという意味ではいい経験だった。さて、本日午前、歯科定期健診。だいたい半年に1回、案内ハガキが来るのだが…

リ・デザイン会議2日め

今日は発言できたけれど、よくある話で、全体の流れに乗って発言したようでいて、実はそれは自分の中で、この辺が関わっていると思い込んでいるだけで、聞いてる方には関係ないこと言い出したぐらいに思われている恐れはある。つまり勉強が足りない部分と、…

リ・デザイン会議

50人も参加者がいても、発言する人は限られるし、なかなか割って入るのは難しい。進行役も画面が複数ページになるので、手を上げたぐらいでは気づいてもらえない。進行役も意見を引き出すことに気を配らないとパネルディスカッションになってしまう。それは…

アートな1日

バスで熊本市内に久しぶりに出た。どれくらい久しぶりかと言うと覚えてません。熊本市現代美術館の高浜寛19世紀末展と「LIFE」展を見た。美術館って、こちらが吸い取られる感もある。午後、下通の未来会議室で熊本ビル部のオフ会。

基礎自治体

基礎自治体は地味な住民サービスをしっかりきちんとやっていくことが第一だと思う。なのに目立つパフォーマンスとも受け取られかねない新奇な事業を次々に打ち出していくことが求められるようになったのは、いつからだろう。

定例会開会

一昨日も書いたが、開会前はステージ・フライトにような状態になる。やはりハレの場であるからだろう。始まると少し気が抜けて、ちょうどいい感じになり、途中準備不足を悔やみながら、かっこよく言えば駆け抜けていくのだ。あと、ブログの時代は終わったみ…

書面議決

昨日、午前中菊池市泗水支所で、菊池地区保護司会理事会。コロナ対策のため総会は書面議決ということに。しかし考えたら、感染防止のため総会を中止する団体は多い。それで、大方の場合心ならずも書面議決をするわけだ。それなのに、本家本元の法務省では検…

昔むかしあるところに

昔むかしあるところに、おはなしがありました。何度もなんども聞いたおかげで、記憶の納戸におさめられたおはなし。最初からきちんと綴じられてなかったのか、ちゃんと聞いていなかったのか、断片がいくつも幾つも重なりあって、虫食いだの黴しみだの、真実…

Zoom会議

第0回「withコロナ時代の図書館(仮称)」リ・デザイン会議。約60名の参加。約3時間、なんとか1回発言した。やはりリアルで会ったり、飲んだりしていると、もっと溶け込めるのだろうと思うのだが、それに頼ってはいけないとも思う。初対面でも臆せず意見を言…

若葉の頃、回覧板

5月1日。晴れて空気は乾き、まさに初夏を思わせる天気だった。風の便りを配るには申し分のない気候。でもマスクをかけ、手袋をして。昨日の回覧板についてだけれど、回覧板のあり方そのものを再考する機会かもしれない。なくせばいいというわけではない。お…

過剰の基準

この新型コロナウイルス感染症、意外とあっさりと収束に向かいそうな、根拠はないのだけれど、そういう感じがする。何故かというと、世界中で過剰なほどコロナによる影響に危機感を持ち、矢継ぎ早に対策を打っているから。それは外出禁止やそれに類する要請…

正常性バイアス

今日の国会中継で枝野幸男委員が「正常性バイアス」に陥っていませんかと質問すると、安倍首相は「正常性のバイアス」はどうのこうの。「の」が間に入ることで、一気に真剣さがなくなる。どういう答弁だったか、メモしていないから忘れたが、そんなことはな…

この世の終り

この世の終りを見ているような気がする。そんな甘いものではないが。こういうときに、議会は、議員の役目は、と考えるべきところである。

こういうとき

こういうとき、という括りはずっと後になって、そこだけを取り出したとき、あれ、一体何のことだったっけと思うかもしれない。新型コロナウイルスとその感染症のことだ。その頃には、新・新型が広まりかけているかもしれない。私が生きているうちではないだ…

散髪

散髪。黒石の話をいろいろ聞いて時間は過ぎた。生涯学習課へラジオ体操ののぼりをもらいに行き、やぶれたものと取り替えた。

保育園落ちた

2017(平成29)年9月17日の熊日。10月衆院選「首相 教育財源に消費税」の見出しがあった。なんで教育財源かと言うと、ここからは記憶だが、「保育園落ちた。日本死ね!」が話題になり、少子化対策のため、待機児童を減らす、そしてなぜかそこから、幼保無償…

一丸

こんな火急の事態でも、国民一丸となってとか言われると、ちょっと待て、それは少し違うんじゃないかと、猜疑心をもたげてしまう。性格が悪いのか、自己防衛本能か。もちろん自分だけが助かればいいとかそういうことではない。合志市の合志は「志を合わせる…

マスク

新型コロナウイルス感染症の流行で、マスクの品不足が続いている。それでも3カ月ぐらいのことだろうと思う。でも、いろいろあったから、随分長いこと、こういう状態が続いているような気がしてしまう。マスクについては、黒いものが登場してからこっち、特に…

「緊急事態宣言」宣言

緊急事態宣言も多少は影響あると思うが、テレビの番組改編期なのに、新番組が始められず、ドラマは再放送ばかり。なんか、そういうのでも構わないなと思えてくる。報道はもちろんコロナばかりなのだが、それも一応チェックしていないといけないみたいな。

冷たい風の便り

久しぶりの更新。元気です。自宅にいることが多かったです。活動報告風の便りの原稿がやっと上がり、昨日メールを印刷所に送ったところ。今日は風が強く、寒い。雨の後は冷え込むと、週間天気予報で言ってたが、まさに予報通りで、よく当たるもんだと感心し…

ツイッター

今日はツイッターで莫大な時間を費やしてしまった。アンドロイドのスマートフォンでは、どのアプリに何時間使ったかがわかるのだが、3時間以上だった。絡んだ私が悪かった。今も、巻き込まれ「いいね」が続いていることだろう。それでわかったのは、ジャー…

時間がかかる

何をやるにしても、時間がかかる。なぜかというと、途中で気が散ってしまい、他のことに手を出してしまうからだ。自治会の町内役員である組長の仕事の引き継ぎ書にやっと取り掛かったのだが、なかなか先に進まず、というか、ツイッターを見てしまったり。不…

「隔離」の心性

哲学者の森岡正博さんの「論考2020」本日の熊日朝刊から。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応を改めて考えてみるという内容。あれほど大規模な隔離より早期の下船のほうがより効果的ではなかったかという考えだ。ただ、下船を一般市民に納得さ…

一気呵成

3月15日付毎日新聞電子版によると、政府もまずは当初予算の成立を優先する構えで、予算成立前に経済対策の話は表ではできない。そのため、20年度予算成立までは水面下で「与党と具体策を練り上げ」予算成立後は「一気呵成に、思い切った措置」を打ち出すとみ…