そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

敵基地攻撃能力

何を考えているのか、北朝鮮の度重なるミサイル発射実験を前にして、
政治家たるもの、その支持者の顔色も窺わなくてはならないのか、
敵基地攻撃能力の必要性を声高に主張する方がいる。
さて、国際法学会HPにある
「敵基地攻撃能力と国際法上の自衛権
国際法学会エキスパート・コメントNo.2021-2
田中 佐代子(法政大学法学部准教授)
脱稿日:2021年1月18日 には、法的根拠の議論を
過不足なくまとめてあるので、ぜひ読んでください。

jsil.jp

勇ましい政治家は、最低限、敵基地攻撃能力を自前で持たないと、
抑止力を備えた国家たり得ないと考えているのだろう。
北朝鮮はいくらそういう議論が起ころうと、
絶対日本はその能力を持つことはないだろうと
考えているのだろうか。
それに関してはそもそもわが国の事情を考慮して
ミサイル発射実験をやっているわけではないだろうということがある。
北朝鮮のデモンストレーション、あるいはプレゼンと言ってもいいが、
それは米国に対する自己顕示である。
普通に考えて、最初の一発を撃ち込めば、
百倍になって返ってくることは自明なので、
まかり間違わない限り、北朝鮮が先制攻撃をするわけがない。
だからそのための抑止力としての敵基地能力は税金の無駄だ。
それは対中国でも同じようなもので、
つまり威勢のいい政治家は支持者向けのリップサービスとして
敵基地攻撃能力を持ち出しているにすぎないと私は思う。
万が一にも本気で考えているのなら、それは政治家失格である。

 

 

コンフィデンスマンJP英雄編

公開初日、1回目に行きました。20人台かな。
マルタ島までロケに言った割に、テレビドラマの枠を
越えられないのは予算のせいだろうか。
コンゲームなので、疑りだしたらきりがなく、
それにこだわらずに騙されてしまったほうが楽しいだろう。
長澤まさみの演技に重さはないし、やたらとアップが。
でも演出もカメラも限られたスケジュールで
がんばっているといことでしょうか。
三浦春馬竹内結子自死していることから、
どうするのだろうと思っていたら、
さらっと名前だけ出して、この世界(この映画の中で)
の片隅でそれなりに仕事をしていることを匂わせて、
エンドロールに何も出るわけではなく、
それがすべてなのだ。そしてそれでいいのだ。
これがシリーズ最後の作品でいいのかもしれない。

f:id:kunta-kinya:20220115202700j:image



オミクロン株

オミクロン株をどれぐらい用心すべきか。
デルタのとき、切迫感があったかというと、
もう思い出せないぐらいなのだが、
ワクチン2回接種が絶対とは思っていないが、
やはりあれが一つの峠みたいなものだったとは言えるだろう。
自分がかかるとは思わない正常化バイアス。
しかし、すぐ近くでは陽性者が出るのが当たり前。
そういう現実を前にして、実感が伴わないのは
人の感覚的に普通なのではなかろうか。
政府の対策が生ぬるいとか遅いとか言っても、
これといった対応を確信を持ってできないから、
まあ仕方がないとは思う。
しかし、政権を担う政党としては、
参院選で負けられない、というのがもっとも重要課題なのだ。
そこがね、不信の元凶なのです。


成人式典

2年ぶりに開催された成人式。
会場はヴィーブルメインアリーナ。
今年4月1日、成年年齢が18歳になるので、
今回は従来最後の式典になる。
法務省の見解は、成人式の時期や在り方に関しては,現在,法律による決まりはなく,各自治体の判断で実施されていますが,多くの自治体では,1月の成人の日前後に,20歳の方を対象に実施しています。成年年齢が18歳に引き下げられた場合には,そもそも18歳の方を対象とするのか,高校3年生の1月という受験シーズンに実施するのか,2022年度は3学年分同時に実施するのかといった問題があると指摘されています。政府としては,成年年齢引下げを見据えた環境整備に関する関係府省庁連絡会議において,関係者の意見や各自治体の検討状況を取りまとめた上で情報発信し,各自治体がその実情に応じた対応をすることができるよう取り組んでいきたいと考えています。
ということになっている。

f:id:kunta-kinya:20220111182741j:image

新型インフル 次はいつ?

令和元(2019)年6月17日付け熊日
新型インフル 次はいつ?」という記事があった。
2009年の新型インフルエンザの世界的流行(パンデミック)から10年。
政府は「驚異となる新型がいつ来てもおかしくない」
また政府担当者は「新型が発生した場合、日本への侵入を防ぐのは不可能」と言っている。
そして現実に2020年早々に
新型コロナウイルス感染症が日本にも上陸した。
パンデミックは、予想した新型インフルエンザではなく、
コロナだったが。
まだ新聞整理がそれまで半年もあるので、当時と同じく、
私にとっても未知の未来となる。
ただ、新型コロナを経験したことで、想定外の垣根が消えたとも言える。
何でもありの世の中に、なんとか対応していかなければならない。
しかし、mRNAワクチンが比較的早期に作られたように、
対応する医学的知見や技術は大方存在しているということなのだろう。



ごみ

ごみは人の経済活動によって作られ排出される。
私たちが子どもの頃は、いまほど大量のごみはなかったような気がする。
戸外にあるごみ箱に入れたごみを誰がどう回収するか、
そういうシステムがあったのかどうか、
子どもで無関心だったこともあるとは思うが、
リサイクル回収再利用が一般的だったからだろう。
ボロ屋、地金屋という今では不適切な名称だが、
そういう職業が必要欠くべからざるものとして機能していたし、
ビンはガラス製がほとんどでリターナブルだった。
50年以上も前のことで現在のごみ事情を計ってはいけない。
しかし、経済成長はごみを大量に発生させることで成り立つ。
それは事実である。
ざっくりと言って、不景気のときはおそらくごみも減るだろう。
消費するためにはお金が回らなければならない。
言い方を変えれば、経済成長はごみ排出に比例する。
ごみをちゃんと処理処分できれば問題ないのだが、
そこはどうしても環境に負荷を掛けざるを得ない。
人間の経済活動の多くは、自然の摂理を大方無視しているからだ。
文明や文化もどこか、自然に対抗する部分もあるので、
人が人らしく生きるということは、
単純に言ってごみを作り出すことでもある。
わが家のごみをひとまず、
収集日に回収のステーションまで持っていくことで
気持ちが軽くなる。カタルシス、語るに落ちるだな。

f:id:kunta-kinya:20220107190715j:image