そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

模様替え(熊本地震以来初)

突然思いついて、自室の模様替えを挙行した。
片付け中は当然のことながら、いろいろ
思うことは多かった。思い出も。
書類にせよ、本にせよ、自分の人生そのもの。
しかし、その多くは自分以外には意味のないもの。
ですよねえ。

f:id:kunta-kinya:20210412184611j:image

コロナとがん(続

昨日は、写真だけになってしまった
ココログでは、その写真もアップされていなかった)
中川恵一著「コロナとがん」海竜社刊

 

コロナとがん リスクが見えない日本人

コロナとがん リスクが見えない日本人

  • 作者:中川 恵一
  • 発売日: 2020/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行について
わかりやすくまとめてある本なのだが、
確か、この著者に対する評価というか、
好き嫌いは目立って分かれるところだろうと思う。
いや、そこは自分と少し考え方が違うなとか
ツッコミ、批評しながら読むといいと思う。









現実逃避

風の便りを作っているのだが、遅い。
自分でよく分かっているが、制作という現実から
しれっと逃げている。やっと6割ぐらいできたのだが、
行き詰まる。
議員らしさに囚われているのだろうか。
市議会議員の活動報告だからなと内心言い訳しつつも、
いやいや、活動の報告にもなっていないのでは。
ですよねえ。
さ、現実に戻ろう。



ストリーミング


f:id:kunta-kinya:20210405182257j:image

昨日と今日の2日間、ザ・イエロー・モンキーの
ライブアルバムと映像商品を購入した人限定の
「あの日から1年後のこの二日間限定でリハーサル音源をストリーミング配信」
が行なわれている。



石坂繁著作集

西合志図書館収蔵の石坂繁関係の書籍リスト

村の辻に立つ 随筆集 日本談義社刊
市長随想       日本談義社刊
雑樹園雑話      日本談義社刊
玄石詩抄       
概世小言       日本談義社刊

石坂繁傅 坂田大著  玄石会刊

無計画性

計画を立てる、それを実行する。
私はそれが苦手である。
つまり社会性において、使いものにならないようなもの。
しかし、実際には与えられた仕事はなんとか
こなしてきた。とはいうものの、先が見えてきたいま、
自分の身の回りの片付けは、なかなか進まない。
一気に処分してしまうという手もあるが、
残りの人生の楽しみと学びとして
ある程度残しておいたほうがいいんじゃないかなと
思ってしまうのだ。それが煩悩というものか。