読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

超火曜日

昨日、参院選だからと思って借りてきていた映画
スーパーチューズデー~正義を売った日』を見た。
やはり米大統領選と参院選は規模が違う。
規模というより権力の度合いと言うべきか。
つまり、それに関わるスタッフの人生の度合いだ。
いや、待てよ。それは規模や制度の大小を問わず、
選挙で飯を食うという意味では同じか。

私の理想とする上映時間90分程度。
だから余分なものはない。
しかし、だからちょっと食い足りない気がした。
この作品での大統領候補のスキャンダルをどう考えるか。
宗教が持つ社会性もある。
きれいごとではない政治の入り口である選挙の何を
ジョージ・クルーニーは描きたかったのか。
何か分るようで、やはり食い足りないか。

選挙は勝たなくちゃ意味がない。
そこから先できることは限られてくる。
いろいろな要素や時代やしがらみや国際情勢も。
安倍晋三首相がもし自分の限界を認識しているとしたら、
すごい政治家だということになる。
過去の失敗から学んだことが大きかったら、
真の意味で日本国民のために働くだろう。

「見守る」って何だと思っていたが、
政治については見守ることも大切な仕事だ。


It works with your watching.