読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

いよいよ最後のあまちゃん

朝の8時から午後6時まで、
NHK朝ドラマ「あまちゃん」の総集編を ついに全編見てしまった。
他には何もせず、内心では罪の意識も少々。
でも、大きな物語を堪能したという満足感は残った。
そう大きな物語。
人物造形を世代を越えて描けるのは、 半年に渡り、
1日15分と言えど、週6日という時間をもらっていたからだろう。
何度も涙がこぼれてくるシークエンスと、 ぐっと来るセリフがあった。
震災と津波の描き方は、 今回は編集されて、簡略された印象。
でも、当地のことはほとんど分かっていないのだろうなと、
それを想起させてくれるには十分だった。

主人公は、天野あきであり、その家族の話ではあるのだが、
もう一つの家族である足立ユイのほうも、その大きな物語の
かなりな部分を占める。
それだけではない、さまざまな家族が重なり合って織りあって、
そして一つの物語を形作っていたことを改めて感じた。

年末の大切な時間を、
また人生について考える時間とすることが出来たと思えば、
少しも無駄ではないだろう。

少女二人の成長の物語だったということは明らかなのだが、
やはりここでも、おとなになるのは少女たちかという、
中年男性としては歯がゆい思いもあるのだった。