読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

ジュリアーノ・ジェンマさん死去

ジュリアーノ・ジェンマさんが亡くなった。
熊日夕刊でも「さん」づけなので、そうしてみた。
隣には、「エイトマン」主題歌をうたってた克美しげるさん死去の記事。

ジュリアーノ・ジェンマさんは、1960年代に
マカロニ・ウェスタンでかなりの人気者であった。
あのころは、フランス映画やイタリア映画がそれなりに
日本でも観客を動員していた、良い時代だった。
そう思うが、実際にはジェンマさんの映画をちゃんと見た記憶はない。

克美しげるさんの方は、
彼が愛人を殺害したとき、
その遺体発見現場であった羽田空港の駐車場を
バイトの関係でよく通っていたので、
自分が第一発見者になったかもしれないということで、
かなり驚いた記憶がある。
エイトマン」の主題歌を歌っていた人という意味でも
かなり親近感のある人だったんだけど。

何度も書くけど、エイトマンって、その動力源は原子力で、
おまけに冷却材がタバコっていう、
まあ絶対にリメイクされない設定である。
また作者の桑田次郎さんは銃刀法違反で逮捕されたことがある。

ジェンマさんは、ウディ・アレン監督の『ローマでアモーレ』に
出ていたそうなので、現役だったんだな。
アラン・ドロンさんやジャン・ポール・ベルモンドさんが亡くなったとしても、
あまりショックに感じることもないような予感がする。
監督のロバート・アルトマンさんのときは、
かなりショックだったんだけど。

『青い体験』の主演女優ラウラ・アントネッリさんの
わりと最近のインタビューがネットに出てたのだが、
すっかりお婆さんの声だった。
そうだよな、70歳は優に過ぎているだろう。
現実を受け入れるとはそういうことである。

やはり「さん」づけでは、尊崇の念が出ない。