読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

流星ワゴンTV

映画・テレビ 書籍・雑誌

重松清原作の『流星ワゴン』が、テレビドラマ化された。
このブログでも、「「ファンタジーはおとぎ話のことではない」
リンク  以外にも、何回か触れたことがあると思う。
ドラマ化、映画化がなぜなされなかったのか、
それは原作者の意向だったのかもしれない。

ウィキペディアには雑誌に連載されていたことはあったが、
当初、タイトルが「マジカル・(ホニャララ)・ツアー」だったことは
書かれていなかった。残念。
(ホニャララ)の部分は別の言葉だった。
いや、マジカル・ミステリー・ホニャララだったかもしれない。

ともかく、父と息子の相克がこれだけ今風に描かれている、
日本語の小説に出合ったのは初めてだった。
アメリカ映画の得意分野だと思っていた。
ただ、残念なのは、得難い教訓を得たにもかかわらず、
自分と息子の関係を振り返れば、
後悔ばかりで、やり直せたら、と思わずにいられない。
小説やドラマみたいに、人は動かない。

昨夜は、2時間弱のドラマを堪能したが、
次回からは、ま、いいかなと思ったのも事実だ。
妻役の井川遥はちょっとずるい。
ユーキャンのCMが思い浮かぶ。

ツイッターで話題になっていたが、
全編タイアップは、露骨な分、かえって許せるかも。
それに気を取られる人たちは、
この映画の一番言いたいところを
気づかずに人生を送れる、ある意味幸せな人たちだろう。