読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

国民保護計画

定例会最終日の委員長報告に対する討論で、成り行き上、
私は平成27年度決算における「国民保護会議運営事業」について
賛成の討論をした。
これは、国民保護法に基づいて作成された合志市国民保護計画
に関して、例年通り国民保護協議会を開催し、その修正と確認を
行なったというものである。
この市国民保護計画というものを改めて読んでみると、
まさに絵に描いた餅であり、その意図は国民保護法第35条の規定に
基づいて作成されたとしか言いようがない。
この法律ができたときは、しょうもないもの作ったなと思った。
私はまだ議員ではなかった。
しかし、現在、末端の自治体において、
万が一にも武力攻撃事態等に遭遇しないとも限らない。
それは特に現政権において、かなり危険度を上げていると思われる。
この保護計画においては、誰が武力攻撃を起こすかという主体が
ものの見事に省かれているが、もちろんわが国から仕掛けることは
考えられないので、つまりやられたとき、
おそらく合志市独自で対処しなければならないことは間違いない。
熊本地震を経験して、防災計画の重要性を実感した以上、
万が一、武力攻撃事態等に遭遇したならば、
孤立無援の緊急対処をいかにやるかに尽きるのである。
それを再検討しないのならば、
合志市国民保護計画などない方がかえって潔い。
政府がきちんと対応できるかも心配である。
少なくとも、安倍晋三首相はそのとき使えないだろうことは、
火を見るよりも明らかだ。