そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

ポプラ

議会の常任委員会所管事務調査と
それに続く県の地域づくりリーダー研修を終えて、
昨日帰ってきた。
日中はきちんと研修しているものの、
夜は食事に飲酒歓談が続き、その日のまとめを
その日の内になどということがいかに不得手であるか
実感しているところだ。

f:id:kunta-kinya:20171018103509j:plain
潮来駅前のポプラの木。
鮮明な画像で。
真夏に出会えたら鳥肌ものだったな。


街頭演説

昨日は雨の中、
衆議院選挙熊本3区せきねしずか候補の街宣で、
永江団地から、光の森まで練り歩きつつ、
交差点で街頭演説。
民主党熊本県連の鎌田聡代表と
せきね候補がそれぞれ演説。
雨の中、行き交うクルマは多かったが
選挙の実感は伝わっていただろうか。

blog.goo.ne.jp




教育講演会

昨夜の教育講演会は、
講演の前に例年通り、社会を明るくする運動の作文発表があった。
選考した私が言うのも何だが、作文も優れているが、
その朗読が抜群にうまい。内容がさらによく伝わった。
青少年育成市民会議、PTA連絡協議会主催なので、
小中学生の保護者がほとんどだったが、
作文の内容をしっかり聞いてくれただろうか。
立ち直りを支えるという保護司の活動は知ってもらえたか。

続く松川由美(モバイル・ネットワーク研究所)さんの講演は、
ネット社会の現状と子どもたちの関わりをよく説明してくれた。
1時間という少々短い時間だったので、
ちょっと内容が詰め込まれた感じだったのは残念だ。
90分は欲しいところだったと思うが、
作文発表もできるだけ多くの人に聞いてもらいたいので、
それだけ別の発表会というのは難しい。

自ら社会のルールを守り手本となる。
メモに書いていたが、どの場面で言われたか覚えていない。
ただ子どもたちにも期待するが、
おとながまず自覚して行動することが必要である。
引き合いに出して悪いが、
安倍晋三首相にこれを問うたときに、
はい、と誓うことができるだろうか。


更生保護だよりその他

菊池市泗水支所の更生保護サポートセンターで、
保護司会の広報紙「菊池地域更生保護だより」制作の
広報部会。内容のチェックでほぼ完了。

午後は合志中学校の合唱コンクールを鑑賞に。
まず2年生から、クラス順ではなく抽選だろうか。
小学生だったら、うまい下手ではなくジーンと来ると思う。
えこひいきでなく、遺伝子的にそういうものなのだ。
だが、中学生になると選曲、男声女声のバランスとか
音程、リズムとかどうも気になる。
というかコンクールなのでそう聞いてしまうのだ。
評価基準はわかってないので、極めて直感的ではあるが。

帰りにせっかく近くまで来たからと、
合志庁舎で期日前投票を済ませる。
基本的に投票は投票日にするものと考えているが、
今回は22日投票締め切りまでに帰ってこれなかったら
マズいので、行ったわけです。
気が小さいというか、投票用紙は滑りやすくて
字がうまく書けなかった。
夜は、社会を明るくする運動の作文発表と
教育講演会が御代志市民センターで行われる。