そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

昨日と一昨日のこと

14日土曜日、竹迫観音祭り。
車で行き、冷茶をご馳走になって帰る。
昨夜は、くまもとパレアでつながる塾、中川智子宝塚市長の講演会。
本人の引きの強さもあると思うが、
踏み出す勇気、飛び込む思い切りの潔さで道が開ける。
ということもあるという話だが、やはり運の良さだけではない。
同じ人生を生きることはできないように、
ひとぞれぞれの人生がある。





学校啓発

社会を明るくする運動の行事の一つ、
合志中学校の正門他通用口で啓発運動。
保護司は中学校校区で3つに分かれた。
多分更生保護女性会と青少年推進委員もそうだろう。
ポケットティッシュリーフレットを配ることに
意味がないことはないが、もっと運動の趣旨を伝えることができれば
と思う。作文募集のチラシの効果があったかどうか楽しみだ。

午後、(確か)熱中症注意情報が出ているのに、
石坂繁さんのお墓の草取りに行った。
だいたいいつも小一時間の予定だが、
今日もスパッと切り上げた。
左手人差し指に棘が刺さったのが痛い。

f:id:kunta-kinya:20180713143824j:plain




人間ドック後

菊池養生園で人間ドックを受診した。
結果は年齢的にはそこそこ良というところか。
ドックとは、船を作ったり修理したりする場所である。
人間が入るドックは、点検はするが修理はしない。
しかしそれ以外は同じだ。
今日は事業所などの健診と一緒だったので午前中は多かった。
腎臓の役割やロコモティブシンドロームについての掲示など、
わかりやすく説明してあり、説得力もあるのだけれど、
誰がゆっくり読むことができるのだろう。
少しもったいないと思った。

自分の身体の状態を知ることは、
健康であることの第一歩である。
人生をよりよく生きるための一つの手段である。
人間ドックには医師の説明と栄養指導がある。
健診が完璧だとは思わないが、まずはそこからだ。





人間ドック前日

明日は年1回の人間ドックの日
前日は午後9時以降は食事を取らないこと。
水分は午後12時まで大丈夫。





課題

菊池恵楓園ボランティアガイド。
本日は西合志中学校1年生90人。4グループに分かれて。
小学6年か5年生のとき、一度来ているはずなんだけど、
あまり鮮明な記憶はないようだ。
ハンセン病の歴史を学ぶにしても、
人権教育にしても、「何のために」の部分を
全体の学びの中で、どう位置づけるのか。
課題である。









希望峰

もう何年も会っていないのに、
その声と口調をはっきり思い出せる人。
見た目はクールビューティなのに、威勢のいい熊本弁。
少なくとも5年前にはもう一度行っておけばよかった。
73歳での別れはあまりにも早い。

それだけでなく、今日の葬儀で会った昔馴染みに、
彼女の兄上が亡くなっていたことを知らされた。
出棺の準備中、奥様にその話を聞く。
誰にも知らせるなと言ってあったそうだ。
その思いは尊重すべきだが。
私たち夫婦の仲人を務めてもらった方。
結婚に至るまで随分苦労をかけた。
「知らぬが仏」はその意味は違うと思うが、
たとえ多少の不調はあっても元気にしておられると思っていた。

昨日は弟の命日だったけれど、あのとき
病気療養のことは弟の友達の誰にも言ってなかったので、
結果的には申し訳ないことになってしまった。
本人の意向を汲むということはそういうことだ。
二人を見送ることになってしまった今日、
生きていると、つらいことも多い。
しかしそれは、充実したときを共に過ごしたことがあるから
そうなのだ。きっとそうなのだ。




アルトマン

映画『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、
そして愛された男』をDVDで見た。
日本では2015年に公開されていたが、やっと見た。
原題は『ALTMAN』で家族を大切にした彼に相応しい。
邦画界では◯◯組という言い方をするが、
アルトマンの場合、制作チーム自体が家族みたいだったらしい。
全部を見ているわけではないが、16歳ぐらいからの
自分の人生と重なっているので、個人的には重たい。
ウィキペディアで今始めて知ったが、2月20日生まれの魚座
いやあ、なんでこれまで気にしなかったのだろう。
字幕が先月亡くなった寺尾次郎さんだったことも
偶然とはいえ、引きがあったのかもしれない。
アカデミー賞名誉賞の受賞スピーチが良かった。
会場に居並ぶセレブも感激したのではないか。
映画『ポパイ』は退屈だったという印象しかないが、
ロビン・ウィリアムズの映画デビュー作だったとは。
彼のコメントは生前最後の方だろう。