読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

閑話休題戦後70年


なかなか読み進まないが、図書館の本なので
もう返さなければいけない。

『「知覧」の誕生―特攻の記憶はいかに創られてきたのか』
福間良明・山口誠編 柏書房刊

鹿児島の知覧の旧飛行場跡地はいかにして、
戦跡として発見されるようになったのか。
広島、長崎あるいは沖縄と違って、
「特攻」は知覧住民自らの戦争体験ではない。
出撃した隊員とのふれあいではあっても、特攻出撃
そのものではないという当たり前とも言えることから、
それがなぜ、数多くの人を呼び寄せるようになったのか。
「平和」というキーワードが持つ、
戦争責任、それも下命した上官たちの無責任を
さりげなく糾弾するところに、私は新しい視点を見た。
つまり無知だったということだが。

これも縁かもしれないが、昨日このブログを「西合志村長」
というワードで検索していた人がいたので、逆引きしたら、
合志市の黒石神社で自決した棚橋真作に行きついた。
その棚橋に関して『戦死 インパール牽制作戦』があるらしく
リンク (ちょうどそれに詳しいブログを見つけた)


その作者が、元陸軍報道班員の高木俊朗で、
『知覧』という本も書いているというシンクロニシティ(みたいな)。

棚橋大佐については、このブログにも書いてある→リンク  

関連でヒットしたのが、熊本出身の紀里谷和明(映画監督)の
インタビュー。→リンク  
彼が、棚橋大佐の娘さんを主人公にした小説を書いていた。
どれも平成20年、21年の記事なのも奇遇。


つい最近、紀里谷の名前を聞いた。
新作映画が、この11月に公開されるのだそうだ。
忠臣蔵を題材にした架空の国の物語であると。