読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

地域防災計画

合志市地域防災計画は、災害対策基本法に規定されるものだ。
今回の熊本地震で、この計画が有意義なものだったか、
検証され、大幅な見直しがなされる予定だ。市長も述べている。
どういう形で行うのが望ましいだろうか。
私は、市民参加のワークショップ形式がいいと思う。
防災計画を熟知している市民は多くはないだろうから、
これを機に自分たちに身近なものと認識してもらえる。
まず、地震が起きたそのとき、どうしたということを
みんなで出し合うことから始めたい。
これは相当盛り上がるだろうから、時間を区切る、
たとえばそのときに感じたことにしぼるとかの工夫が要る。
そのときどきに取った行動が、一般化出来れば、
そこから生まれる気づきを計画の改善に活かせる。
そういうわけだ。