読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

観光の光の意味

今朝の熊日の「熊本城復旧考」は、
「観光」の「光」が持つ二つの意味という標題で、
島田美術館の島田真佑さんが書いている。

氏自身は個人的に熊本城に格別の思い入れはないと。
熊本城顕彰会の常務理事をつとめた祖父の思い出と
その機関紙「熊本城」(復刊69号)の記事を
口述筆記したこと。加えて祖父が残した
七言絶句について。

「現在を生きる者が多様な歴史層を内に秘めた景物に
接するときの基本的な、礼節と言ってもよい姿勢を
教えられるような気がしたものだった」

「言わずもがなのことだが、『観光』の『光』は
二つの意を表す。空間の具体的様相と『光陰矢の如し』
に明らかな歴史時代の経過と。
熊本城の復旧が急がれているが、『光』の両面性を
十分に配慮された復旧工事になる事を願ってやまない」

数百年を経た景物にはそのときどきの姿がある。
地震などの天災や経年劣化により、
改築あるいは復旧をしたからこそ、現存している。
災害に耐える改修改善を施すことは、
今の感覚で言えば、耐震基準の見直しのようなもので、
創建時の姿形が今も残っているかどうか何とも言えない。
またそのとき、どの時点の姿に戻すのか。
市民の声か県民の声か、国民の声か。
専門家の意見か。
時間をかけた議論も必要だと思う。