そうムーチョだから

イカしたタイトルを思いつくまで。

どんぐりバンダナ

認定NPO法人大阪自然史センター
(大阪市自然史博物館友の会事務局)の
このバンダナを、たまたまツイッターで見かけ、
ミュージアムショップで買いました。
来年のどんぐりシーズンが楽しみです。
ところで合志市には、合併前から「ひまわりどんちゃん
というキャラクターがあり、図書館バスなどに
デザインされているんですが、最近ヒジョーに重大な発見をしました。
なんと「どんちゃん」表記に「ドンちゃん」が
混ざっているのに気づいたのです。
それより前に「ヴィーブルくん」か「ヴィーブルちゃん」か
論争もあったので、
合志市知的財産権著作権を学ぶには、
まさにピッタリの自治体であります。
ちなみに、特にもめてませんので、
平和裏に調査研究できるところがオススメの理由です。
追記。このNPO法人がショップを活動の柱にしているのは、
大阪維新の会が文化芸術分野の保護を公的部門から、
どんどん切り離していったせいなのかもしれないなと、
浅学の身で思った次第です。
異論反論お待ちしています。


f:id:kunta-kinya:20191220113158j:image